めまいの原因は耳石?【改善する体操の治し方】

耳石がずれてめまいがする「2コマ漫画」
スポンサーリンク

無重力状態で暮らす宇宙飛行士は、地上の10倍ものスピードで老化が進むことを知っていますか?

この謎を追い続けてきたNASAがたどり着いたのは、「体のある部分」が老化スピードを大きく左右することでした。

NASAがおすすめするダイエット法にトランポリンがあげられます。無理なく前進の運動を行うことができるためです。

これはダイエット以外にも美容や健康にも効果があることが判明している運動です。

そんなNASAは、無重力状態で暮らす宇宙飛行士は、地上の10倍ものスピードで老化が進む現象についてずっと考えていました。


NASAは宇宙のスペシャリストパラ。宇宙とめまいが関係しているパラ?

スポンサーリンク

NASAは知る宇宙の老化現象

NASA直伝!魅惑のアンチエイジング術とはいったいどのようなものなのでしょうか?

宇宙飛行士が地球に帰還後、起こる現象!はがれる恐怖

  • 筋力低下で立てなくなる
  • 免疫力の低下
  • 視力の低下
  • 骨粗鬆症
  • 関節の硬直
  • シワ
  • 血管がかたくなる
  • 認知の低下

など

宇宙飛行士が、宇宙から帰還したら「筋力低下」や「骨粗鬆症」などを引き起こしてしまうため、これらの原因がわかれば宇宙開発に大きく前進することになります。

そして、これは同時に老化現象を食い止めることができる可能性も秘めています。

抗重力筋と重力の関係でめまい、老化を防ぐ体操のやり方・治し方

そもそもなぜ、身体に異変が起こるのでしょうか?

人間は細胞があるためです。NASAが見つけた「体のある部分」が老化スピードを大きく左右することがわかりました。

身体のある部分を刺激すると、細胞が活性化してアンチエイジングに効くことが判明。そこを刺激さえすれば、細胞のスイッチが入ったように活動を高め、脂肪やコレステロールが減ったり、筋力や骨密度がUPするなど、さまざまな嬉しい変化が現れます。

身体のある部分とは筋肉!その中でも抗重力筋が鍵を握ります。抗重力筋は、重力に逆らう筋肉を指していますが、身体にある大きな筋肉、すなわち体幹と考えれば分かりやすいでしょう。

  • 背中にある「脊柱起立筋」
  • お腹にある「腹筋」
  • おしりにある「大臀筋」
  • ふくらはぎにある「下腿三頭筋」
  • ふとももにある「大腿四頭筋」

など

抗重力を鍛えるエクササイズ動画

ちなみに、米航空宇宙局(NASA)の調査では、仕事中に1日16回、2分間ずつ立ちあがると骨や筋肉の密度を維持することが判明しています。

30分に1回立つ

老人の筋力低下は地球の1年分が宇宙では1か月で起きてしまいます。無重力で筋力が衰える理由は、耳の奥の内耳。その奥にある耳石(じせき)です。

ゼリーのようなものにのっている石で、ゼリーを毛が支えています。

『皮膚 → 毛 → ゼリー状 → 石』。

この部分は重力を感じることが出来ます。この耳石が縦横についているおかげで上下左右のバランスを把握することが出来るのです。

酔っぱらってしまうと足元がフラフラするのも耳石が狂ってしまうためです。この耳石は全身の筋肉とつながっており、傾きを耳石が感じると筋肉が反応してバランスを取ります。

しかし、なんでも浮かぶ宇宙では耳石も浮かぶため、伝達が機能せずいくら運動しても筋肉が付きづらくなっていたのです。

無重力と同じように老化する場所、例えば「雀荘」と「番台」です。この二つに共通することは「ずっと座っていること」。

座っていることで無重力状態と同じになっています。ある実験では平均台を用意して進んでもらい、最初は普通に歩けました。

その後、2時間座ります。この間は耳石が動くことはありません。2時間後、平均台に乗ると進めずに落ちてしまいました。

座っている状態が長いと、遺伝子異常で早死やがんのリスクが増えたり、認知症のリスクなどが増えます。

座っている状態は耳石が動かず無重力と同じ状態になっているため、宇宙空間で老化が進む事象と同じことが身体の中で起きています。30分に1度は立ち上がるようにしましょう。

また、耳石は活動が少ないと衰えますが、運動などをして刺激を与えると回復します。

おもしろい実験とNASAのアンチエイジング方法

指を前に出します。指はそのままで頭を振ってください。指をしっかりとみることが出来ます。次に、頭はそのままで指を左右に動かしてください。

すると指に残像が見えました。これは耳石と目がつながっているためです。さらに耳石は自律神経と繋がっています。耳石が活発化すると心臓の動きや血流がよくなり、アンチエイジング効果に期待出来ます。

反対に座ってばかりいて耳石が動かない場合だと、心臓の働きや血流が悪くなりコレステロールなどがたまってしまいます。

NASAのアンチエイジング法は、30分ごとに立ちあがり座るだけ。立つときは一回前かがみになり身体を持ち上げますが、この時に左右にも揺れています。この動作により耳石が刺激されます。

まとめ 耳石を刺激する

抗重力筋を鍛えて重力に負けない身体をつくると、老化スピードが抑えられて身体も元気を保つことができます。



【ハチの子800+】
耳のお悩みで人気のハチの子。ハチの子は酵素分解し、低分子のハチの子を800mg配合しました。さらに人気のイチョウ葉エキスにストレス社会対応成分GABAを追加配合。



耳と同じ働きをする人工耳介を搭載!自然な聴こえの「みみ太郎」
人間の耳と同じ働きをする人工耳介を搭載し補聴器では得られない「立体的で自然な音」で聴ける「みみ太郎」の無料貸出し!

タイトルとURLをコピーしました