手を食べさせる「ヌードリング」とは?

ヌードリング・ナマズ漁というものがあります。

危険な漁法だとして知られていますが、いったいどのような漁なのでしょうか?

危険だと言われるヌードリング・ナマズ漁とは…


ヌードリング・・・?ナマズ漁・・・パラ?どんな漁パラ?

ヌードリング・ナマズ漁とは

なんだかつるつるしてそうなイメージですが、どのような漁になるのでしょうか?

「ヌードリング」という言葉は、ナマズ漁に使われることが多いです。しかし、漁法や魚種を問わずに、素手で魚を捕らえる漁全般を指している言葉になります。

現在、アメリカ合衆国50州のうち、11州のみで合法とされているアメリカ合衆国南部発祥のヌードリング・ナマズ漁。

ヌードリング・ナマズ漁は、素手でナマズを捕らえることをコンセプトにしています。手を水中深くに差し込み、ナマズの巣穴を手さぐりで見つけていく漁業法です。

怖!巨大なナマズの住処に素手で入れる…、怖!

ヌードラーが巣穴を探し当てると、ナマズは習性でその手に喰らいついてくるので、それを両手で捕まえて捕獲します。


(出典:wired.jp)

手が餌の恐怖!手がナマズに食べられている…。

こんな巨大なナマズの口の中に手を入れて大丈夫なのでしょうか?気になりますよね。ですが、どうやら大丈夫のようです。

全く漁具を使わず、自らの身体ひとつで対決した末に巨大ナマズを捕えます。しかし、アメリカ南部に伝わる原始的な漁法「ヌードリング」ですが、巣穴を探すために手に切り傷や擦り傷を負う危険が伴うため、手袋などの防具を身につけることもあるとしています。

ナマズを探すまでに怪我をする!

まとめ 危険なナマズ漁

もちろん濁った水の中は危険だらけ。

何が危険かと言うと、ナマズが棲まなくなった巣穴にワニやヘビ、ビーバー、カミツキガメなどがいるのです。水の中がまったく見えない状態で、穴の中を手探りで探っていく…。

もしもワニがいたら…。

危険すぎる漁ですが、伝統的な漁なので実際に見に行くファンも多いようです。ちなみに、日本のタレントも過去の番組でこの地に行き、ナマズ漁に挑戦しています。


ナマズの生体(楽天)



[Klook公式サイト]
国内から海外まで、とにかく豊富な品揃え!世界400以上の旅行先で100,000以上のアクティビティを提供しています。

【関連】サメを丸呑み殺人魚「ゴリアテ・グルーパー」の恐怖!

タイトルとURLをコピーしました