XF10-24mmF4 R OIS WR 発表前の追加情報(噂)

スポンサーリンク

XF10-24mmF4 R OISWRプレスリリースより、詳細が明らかになりました。

Fujiroom

富士フイルムは、フジノンXF10-24mmF4 R OISWRレンズを発売すると発表しました。これは、元のXF 10-24mmF4 ROISレンズのアップデートです。

  • XF10-24mmF4 R OIS WRの焦点距離は10mmから24mm(35mm判で15mmから36mmに相当)
  • XF10-24mm OISレンズと同じ光学設計を採用
  • ズームレンズの全焦点距離範囲でF4.0の最大口径
  • 絞り目盛り搭載
  • 絞り自動位置決めロック搭載
  • 新しい防塵・防滴構造
  • 内部構造を一新し、レンズの総重量が25g削減された
  • 光学式手ぶれ補正も1ランク増加

絞りリングの自動位置決めロック

絞りリングが大口径に更新され、絞りを視覚的に確認できるようになりました。GFレンズの自動位置決めロックと同様の自動位置決めロックも装備。


ロックがなければ絞りを回しすぎることがあります。液晶を見ずに、感覚で絞り値を変更している人は、撮影がしやすくなりますね。

防塵・防滴性の向上

新レンズは、埃や湿気に強くなりました。-10°Cという低い温度で動作します。性能向上にもかかわらず、従来モデルより25g軽量化されています。


急に雨が降ってきたときは焦ります。山の天気は変わりやすいです。このレンズは特に風景写真に適しているので、風景といえば山。逆になぜ前の機種が防塵防滴ではなかったのか?新レンズでは安心して持ち出せますね。

光学式手ぶれ補正を改善

新しい精密ジャイロセンサーを使用して、前モデルと比較して画像安定化を1.0ストップ増加させ、3.5ストップに達することに成功。Xシリーズカメラのフラッグシップモデル(FUJIFILM X-T4など)と組み合わせると、レンズとカメラは約6.5の5軸手ぶれ補正を実現。


軽くなって手ぶれ補正も強化されてる!

高速AFの強化と静穏性の向上

そのほか、レンズの最適化により球面収差、歪み、歪みを低減。色収差を補正し、エッジのシャープネスを強化。

レンズの最短作動距離はわずか24cmとなり、簡易的なマクロ撮影にも適しています。また、高速でほとんど静かなオートフォーカスを搭載。軽量のフォーカシングレンズと高精度モーターを使用することで、高速でほぼ無音のオートフォーカスが可能になります。


予想通りのアップデートな内容ですが、これ欲しい…。

【関連】XF10-24mmF4 R OISのブログレビュー【超広角レンズ】

タイトルとURLをコピーしました