XF10-24mmF4 R OIS ブログレビュー【楽しい超広角レンズ】

スポンサーリンク

風景写真を撮りたいときにはダイナミックな絵にしたいですよね。それには広角レンズが必要です。

今現在富士フィルムのXFのレンズで、一番広角なレンズといえば「XF8-16mm F2.8」です。8mmまで広角にできるので人の視覚よりも遥かに広い写真を撮ることが可能です。

ただ、このレンズは「重たく・大きく・価格が高い」 と逆パーフェクトなレンズなので、やすやすと踏み出せません。カメラは機動性が大切なので、撮りたいときに「重くてバックから取り出すのめんどくさいなぁ」と考えてしまったら、せっかくのシャッターチャンスを逃すことになります。そのため、カメラは自分の機動力に収まったものを選ぶといいと思うのです。

また、一般的なフィルターを付けることができないのも購入を見送った一つの要因です。8㎜なので一般的なフィルターをつけてもケラレ(画面の隅にレンズフードやフィルターが黒く写り込んでしまうこと)が起きてしまうのでしょう。


(出典:ptl.imagegateway.net)

XF10-24mmはバランスがいい使いやすいレンズ

XF8-16mm F2.8よりは画角が落ちますが、「価格」も「大きさ」も「重さ」も「画質」もすべてにおいてバランスの優れている富士フィルムのレンズが「XF10-24mmF4 R OIS」です。


(出典:富士フィルム)

防塵防滴ではないですが、とてもバランスがよく作られています。手振れ補正機能がついているため、X-T4ではXF10-24mmとの組み合わせで最高の6.5段分を稼げます。F4の暗さでもシャッタースピードを十分に稼げますね。


(出典:富士フィルム)

そもそも広角10㎜なので風景撮りのために手にする人が多いと思います。風景でF値は8~11まで上げることが普通なので、F4はあまり関係ないかもしれませんね。明るいにこしたことはありませんが。


(出典:富士フィルム)

XF10-24mmを購入した理由

XF10-24mmを購入した理由は、ダイナミックな風景を撮影したいため。

広角側10㎜なので「超広角」に分類されます。ローアングルやハイアングルなど、角度をつけて撮影すると面白い画像・映像がたくさん撮影できます。

室内でも広く撮影することができるので、大人数の集合写真にはもってこいですね。ただし、両サイドが伸びる特徴があるのでなるべく中心に人を集めたほうがいいでしょう。

また、富士フィルムでは現在「夏のキャッシュバックキャンペーン」を実地しています。その対象商品に「XF10-24mm」があるので、現在価格コムでは9万円くらいなので、キャンペーンの3万円を引くと、実質XF10-24mmF4 R OISレンズが6万円程度で購入できちゃうのです。

6万円ですよ?

安くないですか?

安くはないですが、レンズの機能を考えると十分お得な買い物だと思います。

ちなみに、中古の価格帯が6万5千円くらいです。新品で似たような値段で手にすることができます。っというわけで買っちゃいました。

XF10-24mmの箱

相変わらず富士フィルムの箱はかっこいい!真っ黒な箱に必要な情報だけを文字数字で書く。とってもクールです。

 

レンズを入れる布や説明書などが入っています。

レンズとフードです。しっかりと固定されています。

X-T4とXF10-24mmレンズを装着


(携帯で撮影しましたが、なんだかふにゃふにゃしてますね)

かっこいい…。

XCレンズも軽くて安くて好きですが、XFレンズはその何十倍もインパクトがありますね。レンズを持ったときの印象は「あっ、やっぱり重い」。身体がXCレンズに慣れているので「重い」という感想でした。XC15-45mmのレンズも使いやすくて最高なんですよね。

携帯撮影で見事にピンボケしてますが、X-T4に装着した姿です。やばい…。かっこよすぎませんか?木村拓哉と玉木宏をかけて江頭2:50で100分の1に割ったような、そんな感じです。

イケメンすぎる…。

富士フィルムってなんでこんなにデザインがいいんでしょ?Tシリーズ以外にもPROシリーズもかっこいいですよね。静止画専用機の「pro3」とかやばい。

X-T4と XF10-24mmのバランスが物凄くいいです。XーT30はT30が小さすぎたのでレンズが大きく見えました。X-T4の場合は丁度いい感じです。

そしてX-T4にXF10-24mmのレンズをつけて持ってみたところ…

あれ?軽くない?

レンズ単体では重いと感じていたのに、装着して一緒に持つとなぜか軽く感じるんですよね。意味がわかりません。重量はX-T4の600gが合わさって重くなっているはずなのになぜか軽く感じる。

意味がわかりません。

装着した重心の位置がいいのでしょうか?

深く考えないことにしました。

ちなみに、XF10-24㎜の重さは 410gです。この画角とF値でここまで軽くできたのは凄いです。

レンズの機能

スイッチに関しては、手ブレ補正の On/Off と絞りの Auto/手動設定 の切り替えがあります。最初は絞りがオートに設定してあるので、「あれ?絞りが動かない!不良品!?」と焦らないように忘れないでおきましょう。

フィルター経は 72mmです。

銅鏡自体は伸び縮しないのでとても使い勝手がいいです。ズームレンズは肩からかけていると、いつの間にかレンズが伸びているってことがあります。でもこのレンズはそれがないので安心!

画質は普通です。単焦点に比べたらさすがに画質は劣るけど、別に悪いってわけでもない。全然使えるレベルです。ただし、画角によっては単焦点を超える画質になるという結果もあります。

伸び縮みをしないので、10㎜から24㎜まで見た目が変わらずクールに使うことができます。10㎜の超広角から24㎜のポートレートまで幅広く撮影できるので本当に使い勝手がいいレンズです。

惜しい点

絞りリングに絞りの刻みがありません。なぜ?まぁ、別にモニターで確認して撮影するので問題はないのですが…。

問題は絞りリングが延々に回ること。

永久に回ります。メリーゴーランドのように回ります。どこまでがF4でどこがF11なのかモニターを見なければわかりません。

まぁ、モニターを見るからいいんですけどね。

回転が最低と最大で止まることで体が回転量を覚えるので、操作がやりやすくなるため、ちょっと残念なポイントでした。

まぁ、モニターを見るからいいんですけどね!

メリット

  • 35mm判換算15-36mmをカバー
  • 超広角からポートレートまで撮影可能
  • 最短撮影距離が24cmで接写もできる
  • 小型で持ち運びしやすい
  • 手ぶれ補正が搭載
  • AFスピードも速い
  • 日常のスナップ撮影に最適
  • 迫力ある風景撮影に最適
  • ズームレンズなのに伸び縮みしない

フィルターもつけられる

一般的なフィルターもしっかりとつけることができます。

富士フィルムのフードはあまり作りがよくないと言われていますが、XF10-24㎜のフードはしっかりとした作りでした。取付・取り外しもスムーズにできます。

XC50-230㎜のフードは確かに醜かった…。なかなか付けられないしズレるし、取り外そうと思ったらレンズキャップまで一緒に外れるし…。レンズはいいのに残念。

その点、XF10-24㎜のフードは扱いやすいです。レンズを買ったときに同時に購入するのがプロテクターではないでしょうか?

Kenko 72mm レンズフィルター PRO1D プロテクター レンズ保護用 薄枠 日本製を購入しました。レンズにもしもの時があった時のための保険です。

さらに動画を撮影するためにX-T4を購入したので、NDフィルターが必要です。可変式もありますが、固定式にしました。可変式にするとフィルターのサイズが変わりレンズフードが付けられなくなるため。

Kenko NDフィルター ZX ND16 72mm 光量調節用 絞り3段分減光 撥水・撥油コーティング フローティングフレームシステムを購入。

ND16です。太陽の照り付ける屋外ではND16があればなんとかいけると肌感覚で感じたのでこれ一枚。ND8フィルターもあれば完璧でしょうが今回は見送り。

Kenko NDフィルター ZXは値段が高いですが、指紋がついても雨が降っても埃がついてもすぐに綺麗にできるためおすすめです。

超広角レンズXF10-24㎜+フィルターでケラレない?

超広角レンズなのでケラレの心配があります。XF10-24㎜は大丈夫なの?

プロテクターとNDフィルターを合計2枚つけることになります。フィルターをつけるということは厚みが増すので、ケラレが出てきそう…。1枚ならまだしも重ね付けで2枚…。

そう、心配していましたが、上記で購入した2枚のフィルターは薄型設計のため大丈夫でした。2枚重ねても10㎜側でケラレは発生しません。

ちなみに、フィルター2枚で横側のフード高を超えていません。薄型ではないものを使用していたらフードの横の高さを超えてケラレが発生していたかもしれません。

XF10-24㎜ MK II(後継機)が出るか?

  • XF50mm F1
  • XF70-300mm F4-5.6
  • XF27mm F2.8 MK II
  • XマウントのズームのMK II レンズ

2021年2月までに富士フィルムから登場するであろうレンズ。

最後のズーム「MK II レンズ」にXF10-24㎜の後継機が来るのではないか?と噂もあります。どうなんでしょうね?

現行機を時期的にキャンペーンで3万円引きしているので在庫処分セール?

後継機のXF10-24㎜ MK IIが出るとしたらどのような機能になるのでしょうか?

  • 防滴防塵
  • F値刻印
  • AFの最適化

元が素晴らしいレンズなので、このくらいしか想像できませんがどうでしょうね。

F4よりも明るくするとは思えませんし。仮にF2.8にすると重さも大きさも価格も膨張されるので、それではせっかくコンパクトに仕上がったバランスのいいレンズがもったいなくなります。明るいレンズで軽くできたのなら、XF50mm F1レンズはもっと軽くなっているはず。

っというわけで、後継機が出てもF4から変わらないと思います。

とは言いながら、現行ズームレンズで後継機を作りそうなのがXF10-24㎜レンズしか見当たらないという…。XF55-200mmもありそうだけど、XF70-300mm F4-5.6を新規投入しようとしてるし、もしも前者を更新したら後者のレンズが食われてしまうことが予想できるため、XF55-200mmの後継機はあまり考えられない。

そうなると、まさかのXC16-50mmF3.5-5.6 OIS?

どちらにしても、XF10-24㎜ MK IIが出たとしても12万円~14万円が初期値になると思うので、夏のキャッシュバックキャンペーンで6万円の半額で手にすることができるXF10-24㎜レンズはお得だと思い購入しました。

まとめ

大きさ・重さ・価格・画質、共にバランスの優れた素晴らしいXF10-24㎜のレンズ。人気があるのにも納得です。とても使いやすいです。

今ではXF10-24㎜をメインで使い、単焦点レンズを暗い場所や室内で使うという分け方になっています。

【関連】X-T4のレビューとカメラがブレる原因は?【動画編】

タイトルとURLをコピーしました