新しいIBISは富士フイルムのX-E4に搭載される?(噂)

スポンサーリンク

Fujiroom

FujiRumorsはFujifilmX-E4が2021年初頭に登場するという噂を発信しました。

噂について230以上のコメントが届き、これは驚くべき数を引き起こしました。その中で話題の1つは、X-E4にIBISがあるかどうかでした。

現時点では、この質問に対する答えはわかりません。

私にできることは、富士フイルムX-S10の新しい小さなIBISが富士フイルムX-E3の小さなボディに収まるかどうかを想像することだけです。

富士フイルムX-S10 IBISの技術的なスケッチをもとに、X-S10のIBISユニットを富士フイルムX-E3に高精度で仮想的にマウントすることができました。

結果は明らかです!適合します!

フィットするだけでなく、EVFやバッテリーコンパートメントなどの貴重なスペースを奪うことなく、他のコンポーネントのための十分なスペースを残しているようです。

繰り返しになりますが、Fujifilm X-E4にIBISが搭載されるかどうかはわかりません。しかし、富士フイルムが望むなら、X-E4がX-E3のボディサイズを維持し、X-E4をより小さくしない限り、IBISを富士フイルムX-E4に押し込むことができるように見えます。


わくわく!ワクワク!

X-E4の噂が登場してから、多くの反響があったようで、E4の登場に期待をしている人が多いことがわかります。X-E3は今でも人気の機種で、その小型と軽量からスナップ撮影に最適です。

カバンにスポッ!っと入れられる!

X-S10では新開発された手ぶれ補正機構IBISが搭載されましたが、これはとても小型になりました。そのサイズのままX-E3に合成したところ、見事に合致!

X-E3の中に入っているファインダーなどの機械を邪魔することなくIBISを収めることは可能だということが判明しました。

つまり、X-E4にIBISを搭載することは技術的には可能です。

ただ、載せると重さが出てしまうので、+50g~100gは想定しておいたほうが良いかもしれませんね。

X-S10のIBISの開発において、技術スタッフが「頑張ればまだ小さくできるかも…」と気になるニュアンスを出していたので、ひょっとするとさらに小さくなった新しいIBISを載せてくるかも?

まだ噂段階なので、X-E4が来年の春に登場するのかもわかりませんが、現段階のIBISでもE4に搭載できるというのは期待が膨らみますね。

E3のサイズは単焦点レンズがぴったりなので、本体に手ぶれ補正がついてくると、撮影するたびに安心できます。

タイトルとURLをコピーしました