金融辞典

天候・気象に関するリスクを減らす天候デリバティブってなに?

天候デリバティブにはどのような意味があるのでしょうか?

天候デリバティブは、天候・気象に関する金融商品になります。

天候デリバティブとは

天候デリバティブは、天候・気象に関する指標を対象とするデリバティブを指しています。

暖冬・猛暑・冷夏・長雨・渇水・豪雪・強風など、天候の極端な変動により生じる企業の収益低下を補償する金融派生商品です。

日々天候が移り変わる中で異常気象が発生をした場合、補償金を受け取ることが出来る仕組になります。1997年にアメリカにおいて、エンロン社が開発をしたのが始まりになり、日本では三井海上が1999年に始めました。

損害保険と天候デリバティブの違い

天候デリバティブは、あらかじめ設定をしておいた気象状態の「ズレの幅」に応じ、補償金を受け取ることが可能になります。これに対し、損害保険では災害に実際に合い損害額が確定をしなければ保険金が支払われることはありません。

天候デリバティブでは、設定された異常気象が発生をすると補償金が支払われることに大きな違いがあります。

現在では地球規模で異常気象が発生しているため、欧米を中心に天候デリバティブを使用することで回避をするという考えが浸透をしつつあります。災害の多い日本では認知度の広まりにより今度、更に普及をする可能性が十分に考えられます。

「PR」何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】
(保険の「見直し」と「新規加入」お金のプロが無料で解決!)

スポンサード リンク

まとめ もしもの天災に備える

世界のどこで大きな災害が起きるかわかりません。もしものときのリスクにそなえる商品です。

スポンサード リンク

-金融辞典

© 2020 ナレッジ!雑学