タムロンが18-300mm F3.5-6.3 Di III-A VC VX 富士フイルムXマウント発表!

スポンサーリンク

タムロンが18-300mm F3.5-6.3 Di III-A VC VX 富士フイルムXマウント発表!

タムロン株式会社は、富士フイルムXマウントカメラとソニーEマウントカメラを同時に使用する最初のレンズの開発を発表しました。レンズは2021年秋に発売される予定です。

18-300mm F / 3.5-6.3 Di III-A 2 VC VXD(モデルB061)は、16.6倍のズーム比を備えたソニーと富士フイルムのAPS-Cミラーレスカメラ向けの世界初のオールインワンズームレンズです。

商品名 発売日
18-300mm F / 3.5-6.3 Di III-AVC VXD(モデルB061)
ソニーEマウント/富士フイルムXマウント用 2021年発売予定
ミラーレスカメラ用の他のほとんどのタムロンレンズと同じ、統一されたØ67mmフィルターサイズを備えています。

主な特徴
世界初の16.6倍オールインワンズーム。
タムロンのVXDリニアモーターフォーカス機構を採用した、クラス最高レベルの超高速・高精度オートフォーカス。
MOD:5.9 “/最大倍率:18mm幅の端で1:2。
クラス最高の画質。
優れたVC。
コンパクト。

タムロン


うぉおおおお!!これはすごい!

超超便利ズームがきました。若干暗いレンズではありますが、18-300mmのズーム域を確保しているレンズが登場します。世界的の半導体不足により計画通り発売予定時期になるかはまだわかりませんが、これは朗報ですね。この一本だけあれば旅行ですべてカバーできてしまうのではないでしょうか。

オートフォーカスも最速ときているので、これは欲しいなぁ。

どうしよう…。秋登場するであろうソニーのα7iv買いたいと思っていたけれど、このレンズが来るのなら、来年まで待って、X-H2にこのレンズをつけたい…。

X-H2は前倒しで発表・発売されないかなぁ。

X-E4が半導体不足で混乱してるようなので難しいか…。

α7ivとX-H2…、くぅぅう…。富士フイルムさん頑張って!

タイトルとURLをコピーしました