第3章【オブジェクト】

Blenderで面張りをする方法

Blenderでモデリングをしていくときに必要な作業が「面張り」です。面張りとは、簡単にいうと、穴を塞ぐためにする蓋作り。

CG制作は面の集合体でオブジェクトを完成させています。もしも面が1つなければ?キャラクターの場合は、体に穴があいた状態になります。これはモノをモデリングした場合でも同じです。例えば、椅子のモデリングの場合は椅子のどこかに穴があいてしまいます。

面張りはモデリングの中で重要なものなので覚えておきましょう。

【前】オブジェクトを軸方向に数字指定して動かす方法

Blenderで面を張るやり方

面を継ぎ足して1つのオブジェクトを作るBlender。面を張る作業を繰り返して形を完成させます。つまり、モデリングをするには面張りという作業をマスターしなければいけないということです。

っといっても、面張りは非常に簡単。それではさっそくしていきましょう。

Blenderを起動してください。中央に立方体が表示されています。マウスの『左クリック』で選択しましょう。

キーボードの『Tab』を押してください。「Tab」は編集機能にするショートカットキーです。現在、「Editモード(編集モード)」に切り替わりました。

立方体の頂点を4つ選択します。マウスの『左クリック』で頂点を1つ選択して、『Shift → 左クリック』で残りの3つの頂点を選択しましょう。すると、4つの頂点を選択していることになるので、意味としては「面」を選択している状態になります。

キーボードの『X』を押すと、「削除」ブラウザが表示されます。その中にある『面』を選択しましょう。

面が削除されました。上記画像のようになっていれば大丈夫です。

削除された4つの頂点を選択してください。先ほどは「Shift」と「左クリック」で頂点を選択しました。その方法でもいいのですが、今回は別の方法で選択してみましょう。

キーボードの『C』を押してください。すると、3DViewに白い点線の丸が表示されます。これは頂点を連続で選択できるという合図です。

マウスを頂点のところへ持っていき、『左クリック』を押してください。頂点が選択できたと思います。次に2つ目の頂点にマウスを移動させて『左クリック』。残りの3つ目・4つ目も同じように選択します。

「Shift」を使うときと同じように選択をすることができます。「C」の場合はマウスのホイールを使い円形を大きくできるので、一括で選択したい場合に利用できます。「Shift」は細かい場所を選択するときに使用するといいでしょう。

キーボードの『F』を押してください。面が張られたことが確認できます。「F」は面張りのショートカットキーです。

このように頂点を選択して「F」を押すことで穴に蓋をすることができます。面張りは基本的に4辺(四角形)、あるいは3辺(三角形)ですが、Blenderには「BMesh」と呼ばれる、決まった頂点を持たない特殊な機能があります。

Blenderソフトしか使わない場合には、5頂点や8頂点などを選択して「F」で面を張ってもいいでしょう。4辺・3辺を基準にしてる他のソフトにデータをインポートする場合には、うまく読み込めない可能性があるため注意が必要です。

キーボードの『Tab』を押して「オブジェクトモード」にします。立方体の面が塞がれ、元の形に戻りました。

まとめ

Blenderでモデリングをしていると、必ずといっていいほど面張りは使います。穴のあいた部分を埋めたい場合には「F」キーを押すと覚えておきましょう。

【次】Blenderで頂点を追加する方法

スポンサード リンク
何か聞こえる…、怖~い怖~い恐怖の動物園…

【関連】【動物園アニメーション】

-第3章【オブジェクト】

© 2020 ナレッジ!雑学