健康

1日の歩数の目安は何歩?メッツ健康法がすごい!

「毎日何歩を歩けばいいんだろう?」と考えると、多くの人が「1万歩!」という認識を持っていると思います。

昔から最低でも1万歩は歩いた方がいいと言われていたからです。でも、最新の研究により常識がくつがえることになりました。1日に何歩を歩けばいいの?

メッツ健康法の正しい歩数は何歩?

2000年から始まった病気と歩行に関する調査をおこなったところ、15年かけてついに新事実が判明しました。それは「奇跡の研究」と世界中で呼ばれ、絶賛されています。

東京都健康長寿医療センター研究所の医学博士が、65歳以上5000人を対象に24時間365日調査したところ、1日に1万歩以上歩いても病気になる人が続出したのです。

1日1万歩以上を歩けば身体はピンピン!健康にいられると信じていた人も多くいます。でも、実際は歩数に限らず病気になる人は病気になりました。この研究結果により、歩数と強度において健康と病気を左右することが導き出されました。

結論から言うと、健康結果から1日8000歩・20分がバランスがよい歩き方になります。また、驚くことに12000歩・40分以上歩くと健康を害してしまうことも判明。歩き過ぎは身体に大きな負担をかけてしまうのです。

スポンサード リンク

歩数×中強度=病気のリスク

次にあげられるものは、歩数と中強度から病気のリスクを出したものになります。2000歩は歩かな過ぎて、将来は寝たきりのリスクが高くなり、5000歩は認知症のリスクがあり、10000歩は75歳未満に限りメタボのリスクがあげれます。

歩数と病気は関係性があるのですが、重大な病気を回避できるバランスのいい歩数は「8000歩」になるため、目安程度に覚えておくといいでしょう。

ただし「絶対にこの歩数だとこの病気にかかる!」とは限りません。一番重要なことは、日頃の生活習慣が大切です。

  • 2000歩×0分
    = 寝たきり
  • 4000歩×5分
    = うつ病
  • 5000歩×7.5分
    = 要介護、認知症、脳卒中
  • 7000歩×15分
    = 癌、動脈硬化、骨折
  • 8000歩×20分
    = 糖尿病、75歳以上のメタボ、脂質異常症
  • 9000歩×25分
    = 高血圧
  • 10000歩×30分
    = 75歳未満のメタボ
  • 12000歩×40分
    = 肥満
  • 12000歩×40分以上
    = 健康を害する

まとめ 8000歩・20分がベスト!歩き過ぎは禁物

ジョギング・ウォーキングの有酸素運動は血液の流れがよくなります。細胞も活発化して元気になることが可能です。

でも歩きすぎは禁物。自分に合う体力と克服したい病気で歩数を意識するといいでしょう。

スポンサード リンク

-健康

© 2020 ナレッジ!雑学