Blenderで星(star)を作る方法

スポンサーリンク

SF作品や宇宙を扱ったシーンをCGで制作する時には【星】が不可欠です。何もない状態でもいいのですが、星があるとワンアクセントになります。

以前のBlenderでは標準機能に星を追加出来るツールがありましが、廃止されました。そこでパーティクルを使用して星をモデリングします。

※~v2.79で解説しています。v2.80以降では大まかなやり方は同じですが、UIの変更に伴い場所が移動している箇所も存在します。

スポンサーリンク

Blenderで星(star)を作るやり方

【メッシュ】から【平面】を選択します。追加した平面を上の方へ上げましょう。そして、プロパティ欄から【パーティクル】を選択して新規追加します。

【放射】の【終了】を【2.000】にし、寿命を【1000】へ。【速度】設定の【エミッター】を【10.000】に。【ランダム】の設定を【10.000】にします。

【物理演算】設定の【減算】を【0.140】にします。【レンダー】項目にある【エミッター】のチェックを外し、【発生前】と【不死】にチェックを入れます。

そして、【フィールドの重み】項目にある【重力】を【0.000】にしましょう。アニメーションを再生するとパーティクルが放出されます。タイムラインの80ぐらいにいくとパーティクルの動きが止まります。

静止画ならこの位置以降の時間、アニメーションならこの位置以降の時間帯で設定していきます。(アニメーションを制作する場合は、「80フレーム~250フレーム」と言う具合です。)

別のレイヤーにUV球を3つ程度追加します。そして、マテリアルで色を付けましょう。【シェーディング】項目で放射のパラメータを適度に上げてください。ここでは【1.00】にしました。3つのUV球を選択し、【Ctrl+G】でグループ化にします。

再びレイヤーを戻して平面を選択し、【レンダー】項目にある【グループタグ】を選択します。下の方に空欄が出るので先程の「Group」を入れましょう。そして【ランダムサイズ】を【1.000】に上げます。

ノードを使うと下記画像のようにキラキラ光らせることが出来ます。UV球のサイズやノードを調整するなどしてそのシーンに合った星を作りましょう。

まとめ

星は空をワンアクセント高める印象を与えてくれます。また、SFシーンを宇宙空間に作る場合には星が重要な印象を与えます。



【アミューズメントメディア総合学院】
独自のシステムによってゲーム、アニメ、イラスト、小説などコンテンツを創り、在学中から商品として市場に送り出す事ができる業界屈指の学校です。アニメ・ゲーム3DCG学科などがあります。



最新GPUも格安構成も自由に選べる!パソコン買うならBTOの【FRONTIER】
BTO(Build to order)なので、あなた好みのパソコンをご注文いただけます。豊富なカスタマイズメニューをご用意していますので、目的・ご予算に応じた「お客様だけの1台」をご提供できます。

タイトルとURLをコピーしました