第3章【オブジェクト】

【一覧】Blenderの制作スピードを上げるショートカットキー

2019年7月18日

いよいよBlenderで実際にオブジェクトに触れていきましょう。

ただ、その前にBlenderで使用されるショートカットキーを、ある程度覚えておいたほうが、作業の効率化をはかることができます。

【前】Blenderの画面をマルチウィンドウにする方法

Blenderのショートカットキー一覧

Blenderにはショートカットキーの機能があります。これはBlenderに限らず、他のソフトやOSでも使用されているものですが、素早くやりたいことへアクセスができるメリットがあります。

CG制作では莫大な時間がかかることがあるので、制作時間をいかに減らせるのかもポイントの1つになります。それではショートカットキーの一覧を見ていきましょう。(バージョンにより割り当てキーが変更になる場合もあります。)

マウス関連

  • 中ドラッグ
    → 視点の回転
    → 「Shift」上下左右移動
    → 「Ctrl」ズーム
  • 左クリック
    → オブジェクトを選択
  • 左ドラッグ
    → 選択オブジェクトの移動
    → 3Dカーソル位置の移動
  • マウスホイール
    → ズームイン・アウト

キーボード関連

  • A
    → 全選択
    → 素早くAダブルで全選択解除(Alt+Aでも可)
  • B
    → 任意選択
  • C
    → 円形選択
  • E
    → 押し出し
  • F
    → Edit Mode時に面張り
  • G
    → 移動
  • H
    → 選択オブジェクトを非表示
    → Alt+Hで再表示
    → Shift+Hで反転非表示
  • I
    → キーフレーム挿入
  • L
    → Objectモード時にリンクオブジェクトをローカルへ
    → Editモード時に頂点、辺、面に繋がるメッシュを選択
  • N
    → オブジェクト情報数値パネル表示
  • P
    → Editモード時にオブジェクトの分離
  • R
    → 回転
    → R×2で自由回転
  • S
    → 拡大
  • T
    → Select Box表示
  • U
    → Editモード時にUVマッピング
  • X
    → 選択オブジェクトの消去
    → Deleteと同じ
  • Z
    → シェーディング
  • Shift+C
    → 3Dカーソル・視点を原点へ
  • Shift+D
    → 選択オブジェクトの複製
  • Shift+G
    → Editモード時に類似選択
  • Shift+S
    → スナップ(3Dカーソル位置合わせ)
  • Shift+W
    → 3Dカーソルを中心にオブジェクトを回転
  • Ctrl+L
    → 接続部の選択
  • Ctrl+Spece
    → モデリング集中モード
  • Ctrl+C
    → コピー(オブジェクト、ポーズなど)
  • Ctrl+V
    → ペースト(オブジェクト、ポーズなど)
  • Ctrl+E
    → 辺スペシャル(UV線、辺を回転など)
  • Ctrl+F
    → 面スペシャル(面取り、UV回転など)
  • Ctrl+V
    → 頂点スペシャル(重複頂点の削除、結合など)
  • Ctrl+I
    → Editモード時に頂点反転選択&解除
  • Ctrl+P
    → オブジェクトのペアレント
  • Ctrl+Q
    → Blenderの終了
  • Ctrl+S
    → データの保存
  • Ctrl+Z
    → 取り消し
  • Ctrl+Tab
    → モード選択
  • Tab
    → 選択している・していたモードを交互に切替
  • Alt+B
    → 選択範囲のみ表示
    → Alt+Bで解除
  • Alt+D
    → Objectモード時に選択オブジェクトをクローン複製
  • Alt+G
    → 位置をクリア
  • Alt+P
    → ペアレントのクリア
  • Alt+R
    → 回転をクリア
  • Alt+S
    → 拡大縮小をクリア
  • Alt+Z
    → 半透明化
  • Alt+I
    → キーフレーム削除
  • テンキー0
    → カメラ視点に切り替え
  • テンキー5
    → パースの有無
  • テンキー2・4・6・8
    → 視点回転
    → テンキー+Ctrlでパン移動
  • テンキー1・3・7
    → 正面、左、上
    → テンキー+Ctrlで逆向き視点
  • テンキーピリオド
    → 視点中心
  • テンキーEnter
    → 選択物全体表示
  • 「←」
    → 1フレーム戻る
  • 「→」
    → 1フレーム進む
  • 「↑」
    → 10フレーム進む
  • 「↓」
    → 10フレーム戻る
  • F1
    → ファイルを開く
  • F2
    → 名前を付けて保存
  • F3
    → レンダリング画像を保存
  • F12
    → レンダリング
  • Ctrl+F3
    → スクリーンショット
  • Ctrl+F12
    → アニメーションレンダリング
スポンサード リンク

最初に覚えておきたい選抜ショートカットキー

上記のショートカットキー以外にもたくさんのキーが存在します。はじめからすべてを覚えるのは難しいので、Blenderをしていく中で焦らずに覚えていきましょう。

とりあえずは最初に覚えておきたいショートカットキーが次にあげられます。

  • 移動
    → G
  • 回転
    → R
  • 拡大・縮小
    → S
  • 上書き保存
    → Ctrl+S
  • レンダリング静止画/動画
    → F12
    → Ctrl+F12
  • 押し出し
    → E
  • 視点正面
    → テンキー1
  • 視点横面
    → テンキー3
  • 視点上面
    → テンキー7
  • カメラ視点
    → テンキー0

まとめ

前者の一覧は覚えるのが大変ですが、後者の選抜一覧は覚えることができるのではないでしょうか?でも、無理に覚えなくても大丈夫です。Blenderを使用しているうちに自然と覚えます。

【次】オブジェクトを移動する方法

スポンサード リンク

-第3章【オブジェクト】

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2020 All Rights Reserved.