金融辞典

地域密着型の信用金庫と信用組合の違いってなに?

信用組合とは、どのような意味があるのでしょうか?また、信用金庫とは?

信用組合は、組織員を対象としている機関になります。信用金庫との違いを見ていきましょう。

信用組合とは

銀行は、株式会社で株主の利益が最優先にされるため、その取引先は主に大企業になります。

信用金庫と信用組合も出資金には利益により配当がありますが、利益がなければ無配当となり、破綻した場合は銀行の株と同様に保護されず自己責任になります。

信用組合は、「預金・貸出しの両方を組織員を対象としている機関」になり、組合員はそれぞれの地域の中小零細事業者や住民の他、勤労者に限られます。このため地域の人々によって組織・運営をされています。

この他、同じ業種の人達が集まり作った医業・公衆浴場・青果市場などの「業域信用組合」、官公庁、企業などに勤務する人達が作る「職域信用組合」と呼ばれているものがあります。

スポンサード リンク

信用金庫とは

信用金庫の取引先は、中小企業や個人になり、その中でも組織員のみ。組織員以外は預金をすることが出来ないのが特徴です。つまり、「貸出しを会員のみに限定している機関」を指します。

これは地域の人が会員になるため、互いに地域の繁栄を図る協同組織金融機関を目的としており、地域社会全体の利益が再優先にされています。

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

まとめ 組織員のみが参加できる場所

信用組合は地域密着型。信用金庫は組員以外は使えません。

スポンサード リンク

-金融辞典

© 2020 ナレッジ!雑学