金融辞典

投資家と株式市場をつなぐ「証券会社」とは?経済を動かす役割

2019年7月19日

証券会社の役割には、どのようなものがあるのでしょうか?

投資家と株式市場をつなぐ役割があります。

証券会社の役割とは

証券会社は、証券取引法により定められ投資家と株式市場をつなぐ金融機関になります。場所は、東京・大阪・名古屋・福岡・札幌に拠点を置いています。証券会社の役割は次にあげられます。

委託売買(ブローカー)

取引所で取引される株式・ETF・債券・FX・商品先物・デリバティブなどが含まれ、投資家から株式などの売買注文を受け、証券取引所へ注文をします。

自己売買(ディーラー)

多くの資金を持つ証券会社なら自己ですることで大きな利益を上げることが可能になります。証券会社もお金を出し、1人の投資家として株式などの売買をおこないます。

引受(アンダーライティング)

直接金融を利用し、市場から資金を集めようとする企業の為に株式や債券などを一旦証券会社が引き受け、それを投資家に対して販売をします。

募集・売出(セリング)

売れ残りが出た場合は証券を引き取らず、新たに発行される証券や、すでに発行された証券について多くの投資家に勧誘します。

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

スポンサード リンク

まとめ 仲介にはいる証券会社

個人の投資家が、証券取引所に直接注文を出すことは出来ないため、中間に証券会社を置くことで証券取引所へ注文を行うことが可能になります。

このため、注文してから実際に買うまでにタイムログがあるので注意をしなければいけません。

証券会社は「仲介者としての役割」を果たし、個人投資家などから集めた売買の仲介手数料が収入源になります。証券取引社の一連の流れは、「個人投資家から売買注文を集め、証券会社が収集し、証券取引所へ売買注文を出す」こと。

円滑な取引ができるように証券会社が間に入ります。

スポンサード リンク

-金融辞典

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2020 All Rights Reserved.