金融辞典

貸付のみを行う「ノンバンク」ってなに?銀行との違いとは

ノンバンクとは、どのような意味があるのでしょうか?

ノンバンクは、貸付けのみを行い預金を受け付けていない金融機関になります。

ノンバンクとは

ノンバンクは、貸付原資の資金調達を銀行などからの借入金などにより賄っているため、資金調達コストが銀行などと比べて高くなる特徴があります。このため貸出金利も銀行と比べると高くなる傾向があります。

ノンバンクとは、法律で定められた銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫などの金融機関以外を指し、貸付けのみを行い預金を受け付けていない金融機関を指します。

ノンバンクには、消費者金融やクレジットカード業などの一般消費者を対象にするもの、抵当証券会社やベンチャーキャピタル、リース会社などの事業者を対象にするものがあります。

スポンサード リンク

消費者対象ノンバンクの分類

消費者対象ノンバンクの分類が次にあげられます。

消費者金融

サラリーマン金融(サラ金)なとど呼ばれ、無担保・無保証で個人に対して小額の融資を行う金融機関です。

消費者が消費目的のために財貨やサービスの購入または金銭貸借を行なう際に、その支払いや返済を一定期間猶予し、金銭を直接貸し付けることが可能になります。

クレジット会社

クレジットカードを会員に発行し、購入代金の融資を行う金融機関です。クレジットカード会社が先にお金を立替、後でクレジットカード会社へ発行者が支払う取引になります。

事業者対象ノンバンクの分類

事業者対象ノンバンクの分類が次にあげられます。

リース会社

リース会社は、購入代金を顧客に代わって支払い、リース料の形で分割返済を行います。企業が機械や設備を調達する場合に、自社で購入する代りにリース会社にその物件を購入してもらい、それを借りて使用します。

抵当証券会社

抵当証券会社は、不動産を担保とした貸付債権を証券化し、小口化して販売する金融商品です。抵当証券法に基づき不動産担保貸付債権を証券化し、一般投資家に販売して資金を回収します。

ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタルは、ベンチャー企業に融資をしたり増資を引き受け起業家を支援し、高い成長性が見込まれる未上場企業に対し成長のための資金を投資の形で提供します。

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

まとめ 貸し付けを行う金融機関

ノンバンクには、一般消費者を対象にするもの、事業者を対象にするものがあります。

スポンサード リンク

-金融辞典

© 2020 ナレッジ!雑学