金融辞典

他人に預金を渡す譲渡性預金ってなに?【譲渡性預金の歴史】

譲渡性預金とは、どのような意味があるのでしょうか?

他人への譲渡が可能な定期預金になります。

譲渡性預金とは

譲渡性預金(Cerficate of Deposit)とは、譲渡性預金証券を意味しており、他人への譲渡が可能な定期預金を指します。

「CD」または「NCD」とも略され、一般的に定期預金は他人への譲渡は出来ないため譲渡性預金とは大きく異なる特徴があります。

銀行が発行する定期預金証書の内で譲渡性預金の場合、銀行が無記名の証書を発行することで譲渡が可能になります。

スポンサード リンク

譲渡性預金の歴史

1961年に米国のシティバンクが大口預金者の流出を繋ぎ止めるために取扱いを開始して以来、資金運用の余裕対象にしました。そのマーケットは米国で急拡大し、その後ユーロ市場にも波及していきます。

日本では1978年に金融制度調査会が導入を決定し、証券会社が行っていた債券の現先取引市場への対抗を図るため、1979年5月から都市銀行等が取扱いを開始。

1980年から短資会社の仲介による転売が増え始め市場が順調に拡大しました。現代で譲渡性預金は銀行の重要な短期資金の調達手段になっています。

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

まとめ 譲渡性預金証券で他人に譲ることができる

普通の定期預金は譲ることができません。譲渡性預金は譲ることができます。

スポンサード リンク

-金融辞典

© 2020 ナレッジ!雑学