金融辞典

投資信託ってなに?メリットとデメリットからリスクを知る

投資信託とはどのような意味があるのでしょうか?

投資信託は、投資家から集めたお金を1つの大きな資金にして運用する仕組みになります。

投資信託とは

投資信託は、投資家から集めたお金を1つの大きな資金としてまとめ、運用の専門家(プロフェショナル)が株式や債券などに投資・運用し、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配する仕組みを指します。

投資信託の運用成績は市場の状況などにより変動をするため、利益を得る場合もあれば投資した額より下がり損をする場合もあります。

リスクがあることを認識しておく必要があります。

また、銀行などは一定額の預金を保証していますが、投資信託は元本が保証をされている金融商品ではないため注意が必要です。

投資信託は、「投資信託運用会社」で作られ、販売会社(証券会社、銀行、郵便局など)を通じて販売をされます。

販売会社に多くの投資家がお金を投資し、集めたお金は一括りにして資産管理を専門とする信託銀行に保管。投資信託の運営会社は集めたお金をいつ、どのように投資するのかを見極め、信託銀行にその実行を指示することになります。

つまり、「信託銀行は運用会社の指示を受け、株や債券の売買を行う」。

メリットとデメリット

投資信託は、10,000円から投資が可能になるため、少額から投資を始めることが可能です。1つの銘柄だけに投資をしていた場合は企業倒産や株価が値下がりをすると、その影響をそのままに受けてしまい大きな損失を負う可能性があります。

しかし、投資信託により複数の銘柄に資金を分散投資することで多くのリスクを軽減することができます。

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

スポンサード リンク

まとめ リスクを知る投資

プロに任せる投資です。リスクを知ったうえで投資しましょう。

【関連】投資信託購入のメリット・デメリット

スポンサード リンク

-金融辞典

© 2020 ナレッジ!雑学