金融辞典

通貨の量を見極める指標「マネーサプライ」ってなに?

マネーサプライとは、どのような意味があるのでしょうか?

マネーサプライは、金融機関が保有をしている通貨を除いた分の総量のことです。

マネーサプライとは

マネーサプライは、国内に流通をしている個人や企業などが保有する通貨から、金融機関が保有をしている通貨を除いた分の総量を指します。経済全体に対し供給をされる通貨の量を見極める指標になります。

通常、マネーサプライが大きい程インフレが進行しやすいとされ、逆に小さい程デフレになるといわれています。マネーサプライは実体経済や物価の動向と密接な関係を持っているため重要視されているのです。

この実体経済と物価などが最も重視されるマネーサプライ分類は「M2 + C D」。金融商品との間で、「M2 + C D」以外の資金シフトが行われており、様々な角度から分析をする必要が出て来ています。日本銀行はマネーサプライを適正水準に保つために景気の舵取りを経済活動に応じて調整をしており、日本銀行は四半期ベースの「M2 + C D」のマネーサプライ見通しを3ヶ月毎に発表しています。

スポンサード リンク

マネーサプライの分類

マネーサプライは大きく次の4つに分類をすることができます。

  • M1 現金通過+預金通貨
    → 現金通貨とは、日本銀行が発行をする紙幣や政府が発行する硬貨をいい、預金者がいつでも引き出すことが可能です。
  • M2 M1 + 準通過
    → 準通貨とは、定期預金や外貨預金など預ける期間が決定をし、定期性のある預金を指します。
  • M3 M2 + 郵便局・農協・漁協貯金・労働金庫・信用組合預金等
    → 日本銀行が発表をしている通貨残高の統計の内、M1(現金通貨+預金通貨)と準通貨及びC D(譲渡性預金)を加えたものになります。
  • C D 譲渡性預金
    → C Dとは第三者に譲渡を出来る定期預金で、売買可能な定期預金となりC Dを発行出来るのは銀行など預金を受け入れる金融機関のみ。

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

まとめ 通貨の量を見極める指標

通貨の量を見極めるマネーサプライ。実体経済や物価の動向と密接な関係をもっています。

スポンサード リンク

-金融辞典

© 2020 ナレッジ!雑学