健康

薬の保管方法に冷蔵庫はダメ!最適な場所はどこ?

2019年11月14日

命を助ける薬は最大限の効果を発揮させるために正しい保存方法を知ることが重要です。

薬の保存方法に関する知っておくべきことは?

薬の保存方法とは

薬を冷蔵庫に入れておけば雑菌や湿度の関係から、安全で長持ちがしそうなのですが、一般の錠剤やカプセル剤は冷蔵庫に入れると、取り出したときに室温との急な温度差で湿気を帯びる恐れがあります。

冷蔵庫から出すと薬に水滴がつくためです。

薬はとってもデリケートなもの。光、温度、湿度などによって効能が落ちる場合が多いです。厚生労働省が出している日本薬局方(医薬品の規格基準書)の室温は1~30℃。

特別に指示がない場合は、湿気、日光、高温を避けて、室内で保管することが望ましいです。直射日光が当たると薬の成分が分解してしまうものもあるからです。

エアコンの風があたる場所におくと急な温度変化になるため注意が必要。お医者さんから冷蔵庫にいれる指示があったときには冷蔵庫にいれましょう。

冷蔵庫に入れるように指示されるケースが多い薬は、シロップ剤や目薬、坐薬、未開封のインスリンなど。くれぐれも特別な指示がない場合は「冷凍庫」に入れないように気を付けましょう。

まとめ 冷蔵庫は湿気がつくのでダメ!基本は風通しの良い常温

その他にも、誤飲を防ぐために薬は薬入れの箱で保管するといいでしょう。そして、期限の切れた薬は絶対に使わないことや、子供の手が届かない場所に置くことも大切。

薬と毒は紙一重。安全に薬を飲むために最適な場所に保管することを心掛けます。

【関連】薬の処方は何日分まで出せる?病院の納得できる答え

スポンサード リンク
何か聞こえる…、怖~い怖~い恐怖の動物園…

【関連】【動物園アニメーション】

-健康

© 2020 ナレッジ!雑学