Blenderの編集で便利なループ選択のやり方

スポンサーリンク

Blenderでモデリングをするときに、メッシュが増えれば増えるほど複雑化するため、作業がやりにくくなります。そんなときには頂点の選択をループ選択することで作業を効率化することが可能です。やり方はとっても簡単なのでマスターしておきましょう。

Blenderで頂点をループ選択する簡単な方法

頂点が1つと頂点が1000個。双方を比較すると、頂点が1000個あるオブジェクトのほうが編集が難しくなります。

Blenderを起動して立方体を消します。次に「Shift + A」で「UV球」を追加しましょう。

「編集」モードに切り替えます。UV球には球体にするための頂点が多く組み込まれていることが確認できますが、その中の1つの頂点を、マウスの左クリックを使い選択してください。

選択した頂点の「横線」を「Alt + 左クリック」でクリックしましょう。選択した頂点に関連する横軸頂点がすべて選択されました。

キーボードの「A」を素早く2回押します。選択が外れました。次に縦軸でループ選択をしてみましょう。頂点を1つマウスの左クリックで選択してください。そして、今度は「縦線」の上で「Alt + 左クリック」を押しましょう。

すると、縦線でループ選択することができました。

「Shift + Alt + 左クリック」を押してみましょう。複数ループ選択が可能です。

まとめ

複雑なモデリングをおこなうときにはとても便利な機能になります。やり方は簡単なので、3DCG制作の作業短縮のためにもマスターしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました