金融辞典

投資信託購入のメリットとデメリットをわかりやすく説明

投資信託を購入するメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?

投資信託の購入をするメリットとデメリットを見ていきましょう。

投資信託購入のメリットとは

株式投資信託による損失は、確定申告をすることで3年間の損失繰越控除が認められ、将来の利益と通算出来るメリットがあります。

また、ほとんどの投資信託は1万円から購入が出来るため投資がしやすく、多くの銘柄に分散しながら投資が出来るため、リスクを少なくすることが可能です。

運用資産は分別管理をされているため、万一、販売会社・運用会社・信託会社が破綻しても直接的な影響を受けづらくなります。

さらに、世界中から情報を収集したり、精緻な企業調査を行なうなど、運用・調査・管理は業界のプロが行なってくれるため、購入するにあたり重要な「見極め」を任せることが出来ます。

スポンサード リンク

投資信託購入のデメリットとは

しかし、一般的には「銀行などの販売会社・資金管理の信託銀行・売買委託手数料・信託財産留保額」など、各専門家に対して手数料がかかる点や、投資信託は元本割れのリスクを伴うことを理解しておく必要があり、預金で利息を受け取るような約束をされた収益はありません。

また、直接もしくは投資対象投資信託証券を通じ、主に国内外の株式・債券・不動産投資信託等を投資対象とし、基準価額は組入れた株式・債券・不動産投資信託等の値動き、そして為替相場の変動等の影響により上下をするため、これにより投資元本を割込む恐れがあります。

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

まとめ メリットとデメリットを知る

リスクを知っておく必要があります。

スポンサード リンク

-金融辞典

© 2020 ナレッジ!雑学