損をしないため用途で使い分ける金利の選び方

スポンサーリンク

ローンなどを組むときによく出てくる単語「金利」。金利には種類がありますが、用途で使い分けることができます。見ていきましょう。

金利の種類とは

金利と一概に言ってもその種類は様々です。用途により使い分けることができますが、次にあげられるものが金利の種類になります。

短期金利

期間別に分けられ、期間が1年以内の金融商品に適用される金利を指し、中央銀行(日本銀行)の金融政策に良く利用をされる。

長期金利

期間が1年を超える金融商品に適用される金利を指す。

固定金利

変化別に分けられる契約当初から満期まで一定し、固定している金利を指す。

変動金利

契約期間中に変動をする金利を指す。変動金利は、変動金利契約期間中の経済状況により金利が上下するため、金利上昇リスクを伴います。住宅ローンといった長期間の返済が必要な場合は特に慎重に金利の種類を選ぶ事が大切です。

コールレート

金融機関が互いに貸し借りをするコール市場の金利を指しますが、コールレートが低いと銀行は企業に対し資金を貸し出しやすくなります。日銀はコールレートを公開市場操作により管理をしています。

CD金利

短期プライムレートを決定する際の判断材料にされます。譲渡性預金(CD)市場での金利を指す。

プライムレート

最優遇金利を指す。銀行が信用できる優良企業に対し適用をする最低水準の貸出金利を指す。

預金金利

銀行が預金者に対し支払う金利を指す。

貸出金利

銀行がお金を貸し出す場合の金利を指す。

公定歩合

日本銀行が銀行に貸し出すための金利を指す。公定歩合は「政策金利」と呼ばれていますが、現在では政策金利としての役割を果たさなくなり、2006年以降は「基準割引率」および「基準貸付利率」と名称を変えています。

金利の選び方

金利には多くの種類があることがわかりました。金利の選び方は重要です。その選び方の例が次にあげられます。

固定金利選択のケース

  • 短期ローンでも金利上昇期に借りる場合
  • 借入金額が比較的多い場合
  • 金利の上昇が予想される場合
  • 長期で借入れする場合

など

変動金利選択のケース

  • 短期のローンを組む場合
  • 金利の下降が予想される場合
  • 金利が上昇した場合でも返済が可能な場合
  • 借入金額が比較的少ない場合

など

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

まとめ 金利の種類を知り最適な選択をする

どのタイプの金利を選択するかは、ローンを組む際の見極めが重要です。金利動向・借入期間・借入金額・将来的なライフプランなどを勘案し、しっかりと検討する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました