金融辞典

万一に備えるための保険会社とは?役割を知る

保険会社とは、どのような意味があるのでしょうか?

保険会社は、万一に備えるために保険ができる場所になります。

保険会社とは

保険会社は、お金の共有の準備財産として万一のことがあった場合などの備えをする仕組です。

契約者から保険料というお金を集め、それを資金として市場などで運用を行います。生命保険は大勢の人がお金を出し合い、お互いが助け合う 「相互扶助」で成り立っています。

保険会社の主な種類には、生命保険会社・損害保険会社などの「民間保険会社」、全労済・県民共済・JA共済などの「共済制度」、かんぽ生命保険・社会保険・政策保険などの「政府系保険会社」があげられます。

スポンサード リンク

保険会社の役割とは

不意に発生する事故により生じる賠償上の損失に備え、不特定多数の人がお金を出し合い、その資金により事故が発生をした者に金銭を保障し給付することが出来る制度になります。

要するに「万一に備える」のが保険の役割。

保険では、交通事故・火災・地震・死亡・海難事故・登山など、多岐に及ぶ保険があり、もしもの時のために多くの人が加入をしています。今日の日本国においては災害が増えていることから保険加入者も増加傾向にあります。

保険会社では、健康状態が悪い人が加入し、全体の死亡率を悪化させることのないようにするなど経営努力をしているところもありますが、最近では病気があっても加入が出来る保険などが増えており、保険利用予定者にとって幅広い選択肢が増えています。

「PR」何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】
(保険の「見直し」と「新規加入」お金のプロが無料で解決!)

まとめ もしもの時に備えるのが保険の役割

将来、なにが起きるかわりません。もしものときに備える保険。お金問題のリスクを下げることができます。

スポンサード リンク

-金融辞典

© 2020 ナレッジ!雑学