Blenderのインストール方法

スポンサーリンク

Blenderをホームページからダウンロードしたら、いよいよパソコンのソフトとして取り込んでいきます。

なお、Zipファイルとしてダウンロードした場合にはこの手順は必要ありません。ダウンロードしたファイルを開き、その中にあるアイコンをクリックしてBlender生活をはじめましょう。

Blenderのダウンロード方法

スポンサーリンク

Blenderインストールのやり方

BlenderのInstaller版をダウンロードした場合には、パソコンの一部になるソフトとして取り込まなければいけません。

ダウンロードしたInstallerアイコンをクリックしましょう。(画像はBlender v.2.79で解説しています。)

クリックすると最初に出迎える画面になります。「ようこそBlenderへ~」と軽い紹介と挨拶が書かれています。『Next』で先に進めましょう。

ソフトの同意文的なものが書かれています。英語が読める人は頑張って読みましょう。でも、ほとんどの人は読んでいないでしょう。本当は読んだほうがいいのですが…。

『I accept the terms in the License Agreement』にチェックをいれて、『Next』で進みます。

「Blenderのファイルはこのくらいの量になりますよ~」的なものがかかれています。パソコンに残り容量が足りないとインストール途中ではじかれてしまうのでHDD・SSDの容量を確認しておきましょう。

『Browse』はインストール先を任意で設定できます。初期から入っているOSソフトの場所とは別の場所に保存をしたい場合には、ここでインストール先の場所を変更します。

『Next』で次へ進みます。

確認画面です。『Install』をクリックしましょう。「ポチっとな♪」的なノリで大丈夫です。

グイ~ンとインストールが自動で進みますが、この瞬間にBlenderとパソコンとの融合がおこなわれています。静かに見つめながら完了するまで待ちます。

Blenderがパソコンの中に取り込まれました。『Finish』を押して完了しましょう。

まとめ

Installerをダウンロードした場合には、Installをしてパソコンの中にBlenderを取り込む必要があります。

Blenderを使うために、ダウンロードとインストールを済ませておきましょう。ダウンロードとインストールは簡単に進めることができます。リラックスをしながらBlender生活の最初の一歩を踏み出しましょう。

CG用語「モデリング・メッシュ」の意味とは

タイトルとURLをコピーしました