金融辞典

第三者が存在する取引「間接金融」ってなに?

2019年7月19日

間接金融とは、どのような意味があるのでしょうか?

間接金融は、第三者が存在する取引を意味しています。

間接金融とは

間接金融は、お金を貸す側と借りる側の間に第三者が存在する取引を指します。通常お金が溜まると銀行に預けますが、この銀行が間接の役割をしていることになります。

銀行の運営は、預金者からお金を集め融資には銀行の責任として企業に貸し付けし、その収益の一部を金利などとして預金者に還元します。預金者は融資先の企業名を知ることはできません。

借り手が債務を果たさないリスクは、銀行が負うことになり、銀行が破綻しない限りは借り手の融資先が破綻したとしても預金者に資金は戻って来るため安心です。

銀行・信用金庫・保険会社などが間接金融機関になり、「貸し手」と「借り手」の間を銀行が仲介し、間接的にお金を融通する方法を「間接金融」と呼ばれています。

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

スポンサード リンク

まとめ 取引の間にいる金融機関

間接金融は仲介役になっています。

スポンサード リンク

-金融辞典

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2020 All Rights Reserved.