金融辞典

グレーゾーン金利ってなに?廃止された理由とは

グレーゾーン金利にはどのような意味があるのでしょうか?

グレーゾーン金利は、金利帯を指しています。

グレーゾーン金利とは

グレーゾーン金利とは、利息制限法が認めた年15%から20%の上限金利より高く、出資法が認めた年29.2%の上限金利の金利帯を指します。

平成22年6月17日以前において、利息制限法が定める金利を超える無効な金利であるにもかかわらず、出資法で罰則を定めている金利未満であるため、罰せられることのない高金利という曖昧なものでした。

スポンサード リンク

グレーゾーン金利の廃止

そのためグレーゾーン金利は、「平成22年6月18日に出資法の上限金利が利息制限法の水準の20.0%に引き下げられたことにより廃止」されます。

また、貸金業法改正により利息制限法の上限金利を超える金利は貸金業法による行政処分の対象となり、利息制限法は元本100万円以上については借金の金利上限を年15%・元本10万円以上100万円未満は年18%・10万円未満は年20%と定め、それを超える金利は違法(無効)になります。

貸金業者が利息制限法の上限金利を上回る金利で貸し付けたとしても、刑事罰に問われず金利を記載した文書を出し契約者が納得して払う場合は、グレーゾー ン金利での契約は有効とみなされるため、消費者金融で借金をする場合はグレーゾーン金利が必然と多くなります。

しかし本来なら違法。グレー ゾーン金利はこのような矛盾から過去に何度も問題になりました。

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

まとめ 過去に問題になるグレーゾーン

グレーゾーン金利は矛盾がありました。

スポンサード リンク

-金融辞典

© 2020 ナレッジ!雑学