「22時~2時は睡眠のゴールデンタイム」が嘘の理由とは?

睡眠22時~2時はゴールデンタイムじゃない?「4コマ漫画」
スポンサーリンク

美肌を作るといわれている睡眠のゴールデンタイムは、「22時から午前2時まで」と言われているのですが、新常識は違うようです。

22時から深夜2時までが睡眠のゴールデンタイムで、この時間に寝ていればホルモンの分泌で美容・健康・ダイエットにいい状態になると言われていました。

ところがどっこい!

最近になってその考え方が「嘘」だったと言います。どういうことなのでしょうか?


22時から深夜2時まで寝ればお肌がつるつるって聞いたパラ。違うパラ?

スポンサーリンク

睡眠のゴールデンタイムは時間ではなく、90分の「質」

1日の疲れは睡眠をとることで回復します。成長ホルモンは起きている間に細胞が受けたダメージや疲れの回復などを担う重要なホルモン。

最も成長ホルモンが分泌される時間帯が「夜22時~深夜2時」だと言われてきました。この時間に睡眠を合わせることで、お肌のツヤも良くなると言われていたため、実践していた人も多いのではないでしょうか?

現在の新常識では、成長ホルモンの分泌は時間ではなく睡眠の質、つまり眠りの深さが最も重要だと考えられています。

成長ホルモンを分泌させるには?

  • 以前の考え
    夜10時~深夜2時
  • 現在の考え
    時間よりも眠りの深さ

成長ホルモンが多く分泌されるのは、眠りについてから最初の3時間だと言われています。このうち、特に重要な時間が「最初の90分間」。

この90分間は、最も深い眠りにつく徐波睡眠で、成長ホルモンの分泌が活発になります。身体を修復させてお肌を綺麗な状態に維持するためには、睡眠に入り最初の3時間までにどれだけ深い眠りにつけるかが大切なポイントです。

  • 睡眠の最初3時間が肝心
  • 特に最初の90分間が重要

深い睡眠で寝る方法

お肌にいい眠り方は、最初の3時間に深い睡眠で眠ることが大切だとわかりました。仕事柄、夜型の人もいるので、深い眠りにつきやすい時間帯を知ることが大切です。

一般的に人は昼に活動をして夜に休むという本能がありますが、太陽が落ちて暗くなると眠る時間になります。でも、現代では電気という発明から好きな時間に寝ることができるようになりました。

遅くとも深夜0時にはベッドの中にいることが望ましいです。

睡眠ホルモンである「メラトニン」の分泌量が減少し、深部体温が上がる深夜3時~深夜5時頃を過ぎると深い眠りにつきにくくなるためです。

深夜0時~3時は現代人にベストなゴールデンタイムとも言えそうです。深い眠りにつきやすい時間をさらに効果的にするため、「アロマ」を使用するといいでしょう。

物事を考えているとそれが気になってしまい、なかなか寝付けない場合がありますが、アロマの香りにはリラックス効果があるので、心身共に落ち着きながら眠りの世界に入ることができます。

この他にも、睡眠の90分前にお風呂に入り、身体の芯まで温めておくと効果的。

  • 深夜0時~3時には寝ておきたい!
  • リラックス空間はアロマがベスト!
  • 寝る60分~90分前にお風呂に入る

まとめ 睡眠の時間よりも深い眠りの質で肌を修復

お肌は昼間に紫外線のダメージをたくさん受けて、このダメージを眠っているときに修復しています。その働きをしている成長ホルモンを活発に働かせることが大切です。

睡眠の深さが重要。

そもそもなぜ、「22時から2時」の話が出てきたのでしょうか?その理由は、体内時計を適切に保つためです。

人の体内は1日周期でリズムを刻んでいます。朝日が出る6時頃に起き、22時頃に眠りにつくことが最適だと言われています。

昔からいわれてる夜の22時から深夜の2時に深い眠りにつけることができれば、最も美容効果が出るかもしれません。


ひえぷる やわらかまくら(楽天)
暑くて寝苦しい夏におすすめ!高性能冷却グッズで、エアコンに頼らない「エコ睡眠」をサポート。暑くて寝苦しい夜の快眠枕、急な発熱時の冷却、打撲、捻挫などの冷却に適しています。高い冷却効果と持続性を発揮します。冷凍させても硬くならず柔らかでしっかりした寝心地です。


アイスノンソフト 【冷たさ長持ち10時間】(楽天)
軟らかフィットで10時間冷却。



47人の整体師全員が「整体対決で負けた」枕!【Cure:Re THE MAKURA】
特許を取得した枕です。THE MAKURAは、『頚椎フリー』を実現する3段構造を採用。日本で唯一の特許のため、他店で同じ構造の枕を購入することはできません。

【関連】寝苦しい夜は長袖で対策!

タイトルとURLをコピーしました