FujifilmのGFX100よりも遥かに小さい次のFujifilmGFXが2021年上旬に登場?(噂)

スポンサーリンク

GFX100よりも遥かに小さな新しいGFXが発表される?

Fujiroom

・数日前、次の富士フイルムGFXは2021年春に発売されるとお伝えしました。

・次のFujifilmGFXには、現在のFujifilm GFX100と同じセンサーが搭載されるため、全位相検出をカバーする102メガピクセルの裏面照射型ベイヤーセンサーが搭載されます。センサー技術に関しては、今日でも基本的に最先端の技術です。

・また、現在の富士フイルムGFX100よりもはるかに小さくなります。


来年の春に新しいGFXシリーズが登場すると噂されています。

現在、カメラ市場はフルサイズの勢いが強いので、富士フイルムはフルサイズのさらに上をいく中判サイズのカメラにチカラを入れているようです。

中判サイズの画質は素晴らしいのですが、カメラの重さが懸念材料ではあります。例えば、GFX100では 重量1155gです。(1億を超える画素数なので納得ではありすが)

登場予定(噂)のものが、GFX100よりも遥かに小さいモデルだということは、GFX 50Rに近いサイズということでしょうか?重量は690g近辺で画素数は1億200万画素クラス?

600g以内で価格が35万円以下なら、フルサイズからステップアップしたい一般ユーザーにもヒットしそうですが…。

GFX 50Rで690gなのであと91gでも抑えられたら500gに入るのでインパクトが強くなりますね。

タイトルとURLをコピーしました