金融辞典

夢を叶える計画設計 ファイナンシャルプランナー(FP)の魅力

ファイナンシャルプランナーには、どのような意味があるのでしょうか?

それは、夢を叶えるために計画を立てることです。

ファイナンシャルプランナー(FP)とは

ファイナンシャルプランナーは、「FP」と略されます。

2002年から国家資格になりました。多くの人が目標や夢を叶えるために生活をしており、そのための夢や目標を叶えるにはお金の準備が必要になります。

「計画的に資金を用意しておく必要があり、夢や目標のために資金計画を立てる」、その実現に向かう方法を「ファイナンシャルプランニング」と呼ばれています。

しかし、資金計画を考えなければいけません。何をしてよいのか分からない人も少なくないのです。そのような時に手助けとなるのが「ファイナンシャルプランナー(FP)」と呼ばれています。

ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融・税金・不動産・住宅ローン・保険・教育資金・年金制度など幅広い知識が必要になり、これらの知識が豊富で一緒に夢や目標に向かってサポートをする専門家を指します。

他人の夢を自分の夢として一緒になり進めることが出来る魅力があるため、資格を取得する人が年々増えているといいます。

定義は主に「銀行等の金融機関等において顧客の資産に関する情報を収集および分析し、顧客のニーズにあった貯蓄や投資等のプランを立案し、その実施を援助する業務」と定めています。

ファイナンシャル・プランナーは、相談者の夢や目標を達成するために、ライフスタイルから価値観・経済状況や家族状況・収入と支出の内容・資産・負債など、あらゆるデータを集め分析し、夢の実現のためにその人に合った提案をおこないます。

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

スポンサード リンク

まとめ 専門家と一緒に夢を叶える

知識が豊富な専門家がいると夢が叶いやすいです。近道の道しるべになります。

スポンサード リンク

-金融辞典

© 2020 ナレッジ!雑学