金融辞典

外国為替「FX」ってなに?大きなリターンとリスクとは

外国為替とは、どのような意味があるのでしょうか?

外国為替は「FX」とも呼ばれています。

外国為替とは

為替は、遠隔地とお金のやりとりを行うため手形や小切手、銀行によって貸借を決済する方法を指します。外国為替(Foreign Exchange)は、外為(がいため「Forex」)とも略され、「FX」と呼ばれています。

通貨が異なる国際間の貸借関係を現金を送付せずに、手形・小切手・銀行などを使い振替決済をする方法になります。

かつては、法律(外為法)により取引に制限がありましたが、現在は完全に自由化されたため、より多様な取引が可能になり、海外貿易の際の輸出入予約・海外出張や海外旅行の際の外貨両替・海外の送金・入金・外貨預金・外国為替証拠金取引など、外国為替は身近なものになっています。

スポンサード リンク

外国為替のリスク

外国為替にはリスクも存在します。見極める力が必要です。例えば次にあげられます。

  • 為替レートが変動するリスク
  • 為替取引が実行出来なくなる信用リスク
  • 取引がうまくいかない流動性リスク
  • 受け渡しが出来なくなるデリバリーリスク
  • 取引する国自体が危機になるカントリーリスク

為替の取引時間に決まりはなく、また外国為替取引は決まった取引所はないため、「市場を開ける・閉める」という考え自体は存在しません。

日本だけでなく世界各国で取引されているため、例えば、日本→ロンドン→ニューヨーク→日本、という感じに外国為替は24時間取引がされています。

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

まとめ 為替のリスクを知る

為替はリターンが大きいです。その反面、リスクも大きいです。

スポンサード リンク

-金融辞典

© 2020 ナレッジ!雑学