外貨預金ってなに?メリットと注意すべきデメリット

スポンサーリンク

外貨預金とは、どのような意味があるのでしょうか?

外国の通貨建ての預金のことになります。

外貨預金とは

外貨預金とは、1998年外為法改正により個人投資家でも参加が可能になった外貨投資(外国為替取引)の1つです。外国の通貨建ての預金のことを指します。

為替相場は日本だけでなく世界の政治・経済など様々な要因により常に変動をしており、基本的に日本円が対象になる外国の通貨よりも価値が上がった場合に「円高」となり、逆に価値が下がった場合に「円安」になります。

世界では様々な通貨建ての預金が取り揃えられ、円預金と同様に普通預金と定期預金があり、金利はあらかじめ決められているのが一般的。

このように外貨預金は多くの銀行で取り扱われているため、すでに口座を開いている銀行などがあれば簡単に外貨預金を開始することが可能です。

外貨預金のメリットとデメリットとは

通貨によっては円預金よりも高い金利で運用をすることも出来ます。為替相場動向によっては為替差益も期待が出来るメリットがあります。

しかし、その一方で為替変動リスクなど円預金にはないリスクや為替手数料等のデメリットがあるため、そのリスクは大きくなります。

世界全体を見極める力が必要です。

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

まとめ 外貨預金はリスクを見極めることが重要

為替は世界規模で動いています。常にリスクがあります。世界を見る目が重要です。

タイトルとURLをコピーしました