金融辞典

他国で発行する外国債券ってどんな意味?リスクを知ることが大事

外国債券とは、どのような意味があるのでしょうか?

別の国で発行し債券をすることをいいます。

外国債券とは

外国の企業が資金調達をするために、別の国で発行し債券をすることを「外国債券」と呼ばれています。

発行者が外国籍の場合や債券の発行場所が外国の場合、購入・利払い・償還が外貨の場合が日本での外債の定義になります。

外国債券のリスク

外国債券の種類には、「購入・利払い・償還」の全てが外貨建てとなり決済をされ、債券となる「外貨建て債券」です。

外貨建て債券の運用において円から外貨に換えて運用し、最終的に円で回収する場合は、為替市場の影響または価格変動の影響などを受けるため、リスクを認識しておかなければいけません。

サムライ債とは

そして、購入・利払い・償還の全てが円で決済をされる債券の「円建て外債」は、外国の企業や政府・国際機関などが円資金を調達するために、日本国内の市場で発行する債券をいうため「サムライ債」や「サムライボンド」とも呼ばれています。

外国国際の分類

外国債券は購入代金の払い込み・利子・償還金の受取りの「通貨」で分類することが出来ます。

  • 外貨建て債券
    → 各国の国内債
    → ショウグン債
  • 円貨建て債券
    → サムライ債
    → ユーロ円債
  • 二重通貨建て債券
    → デュアルカレンシー債
    → リバースデュアルカレンシー債

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

スポンサード リンク

まとめ 円で回収するときには、そのリスクを知る

為替や価格は世界中で毎日変わります。円に戻すときにはリスクを知る必要があります。

スポンサード リンク

-金融辞典

© 2020 ナレッジ!雑学