金融辞典

安全性や健全性を確保するための「金融規制」ってなに?

2019年7月19日

金融規制とは、どのようなものなのでしょうか?

金融の安全性や健全性を確保するため実施させるものです。

金融規制とは

金融規制は、金融システムの安全性や健全性を確保するため、金融監督当局などが金融市場や金融機関に関する規則を定めて制限を加えることをいいます。

価格支配力のある借り手や貸し手等の参加者により金利が不当に高くなる、または低く設定されることを防ぐことで、金融機関同士の競争を制限しています。

また、経営破綻を未然に防ぐことにより、信用の維持などの金融政策上の目的から人為的に金利をコントロールする目的で行われることもあります。

金融規制の分類とは

金融規制の分類として次にあげられます。

  • 規制金利
    → 規制の種類には、お金に関わる様々な金利の内、市場における資金の需要と供給の関係で自由に決められる自由金利に対し金融監督当局などによりその水準が決定された金利を指します。
  • 内外市場分断規制
    → 政府が外国為替相場の安定化や管理または規制を行い、為替管理とも呼ばれます。
  • 業務分野規制
    → 小資金を効率的に配分することにより、競争をなくし金融機関の経営を安定させることを目的にしています。

それぞれの分野に専門金融機関を置き、1つの金融機関が複数の分野の業務を兼営することに対して規制をすることを指します。

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

まとめ 金融市場の安定のため規制をかける

お金を健全に安定させるために規制をしています。

スポンサード リンク
何か聞こえる…、怖~い怖~い恐怖の動物園…

【関連】【動物園アニメーション】

-金融辞典

© 2020 ナレッジ!雑学