金融辞典

資産を運用する金融商品の種類と利益を生む特徴とは

2019年7月19日

金融商品にはどのような種類があるのでしょうか?

金融商品には数多くの種類があり、その利益もそれぞれ違います。

金融商品の利益と種類とは

金融商品の利益には、金融商品自体が値上がりし、売却することで得ることが出来る「キャピタル・ゲイン(株・債券・為替など)」と、金融商品を保有していることにより得ることが出来る「インカム・ゲイン(預金・株の配当金など)」があります。

スポンサード リンク

金融商品の種類

金融商品には種類がありますが、次にあげることができます。

  • 株式
    → 金融商品の種類には株券を購入し値上がりや配当金を期待し、知識とある程度の資金が必要になる商品。
  • 投資信託
    → 手軽に投資が出来るように株式や債券などの商品をひとまとめにし、数千円から投資出来るように小口化したもの。少額では投資が出来なかった商品も大きなお金にすることが出来るため目的の投資をおこないやすくなります。
  • FX(為替証拠金取引)
    → 外国の外貨を売買し、利益を得る商品になります。投資額が小額でも何倍もの金額で取引が出来ます。
  • 海外債券
    → 海外の国や会社が資金を借りるために発行する債券です。発行をした国や会社が満期日までに倒産などしない限り、保有期間中の利子と元本が保証をされている金融商品になります。
  • 外貨預金、金(キン)
    → 日本円を外貨に交換する預金。「純金積立」とも呼ばれ、値上がりを期待する商品になります。どれも運用次第で利益が出る分、失敗した時のリスクがあることを意識しておく必要がありますが、これは金(キン)も例外ではなく、金が世に溢れると金自体の価値が下がるためリスクになります。

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

まとめ 金融の売買手段を種類から見極める

金融商品にはいろんな種類があります。自分に合う金融商品を選ぶことが重要です。

スポンサード リンク

-金融辞典

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2020 All Rights Reserved.