金融辞典

金融デリバティブの商品ってなに?どんな種類があるの?

金融デリバティブ商品とは、どのような意味があるのでしょうか?

金融派生商品になります。

金融デリバティブ商品とは

金融デリバティブ商品は、金融派生商品(Financial derivative products:フィナンシャル・デリバティブ・プロダクツ)と呼ばれています。

農産物などの商品・株式・債券などの金融商品の受け渡しを伴う商取引から派生して出来た取引を指します。金融商品のリスクを低下させたり、リスクを覚悟し高い収益性を追及する手法として考案されました。

スポンサード リンク

金融デリバティブの種類

金融デリバティブの種類には、その場でその商品の対価を支払うのではなく、上がると思えばその商品を買う契約をします。

商品を持っている場合、その商品の価値が下がると思えば売る契約をする「先物取引」。

ある金融商品をあらかじめ決めておいた価格で売買するかしないかを選べることが出来、自分の都合に合わせ使うか使わないか決められる選択権が付いた取引の「オプション取引」。

また、契約ではお金をいつ交換するのか、その金額をどう計算するのかを決めておき、2者間で同じ価値をもつ将来の一連のお金の流れを取引する「スワップ取引」があります。

通常、スワップの交換は1回だけではなく、長期間にわたって数回行われ、何を交換するのかで金利スワップ(同じ通貨間の異なる種類の金利を交換する取引)と通貨スワップ(異種通貨間の異なる種類の金利を交換する取引)に分けることが出来ます。

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

まとめ 金融商品の派生

金融デリバティブの種類にもいろいろあります。見極めることが重要です。

スポンサード リンク

-金融辞典

© 2020 ナレッジ!雑学