健康

筋膜リリースとは?肩こり改善効果と体操のやり方

多くの人が悩みに悩んでる慢性的な肩こり。でも、肩こりに悩む99%の人が治る方法があるとされています。

「肩こりにさよなら」の著者・竹井仁さんが生み出した簡単で効果的な体操とはいったいどのようなものなの?痩せやすい身体もつくることができるとされています。

肩こりにさよなら筋膜リリースとは

肩こりは痛くて多くの人が悩んでいます。肩こりというのは、僧帽筋(そうぼうきん)や肩甲挙筋(けんこうきょきん)といった、首から肩にかけての筋肉の血行があらゆる原因によって阻害された結果、そこに老廃物が蓄積することで筋肉が炎症を起こしている状態。

肩こりは炎症が引き起こしている可能性があります。身体が歪んだ状態で悪い姿勢を続けると、肩甲骨周りと首回りの筋肉に負担がかかり肩こりが発生。

でも、「肩こりにさよなら」という本を見た人の99%が改善することに成功しました。辛い慢性的な肩こりを治すために竹井仁さんが生み出したのは、肩こり改善予防で90秒ストレッチをするというもの。

簡単なポーズをするだけで肩こりが改善したのです。

筋膜を知る

筋肉も大事ですが「筋膜」はさらに重要です。

筋膜は筋肉を包んでいる繊維製の膜を指しています。慢性的な肩こりは筋膜が原因で、ほぐれた筋肉もすぐに元通りになってしまい、なかなか治りにくい状態となります。

筋肉は数千~数万本の筋繊維から構成されているのですが、この膨大な筋繊維がバラバラにならないようにまとめているのが「筋膜」になるため、重要な組織といえます。

この筋膜が癒着してシワになってしまうと、痛みの元になる筋肉がせっかくほぐれてもまたコリが復活します。シワができているとシワにそって筋繊維が元の状態に戻るため、何度肩こりを解消するために行動しても効果がでなかったのです。

筋膜にシワができるのは、筋肉が硬くこった状態を何度も繰り返しているから。

筋膜も同じように硬くなるのですが、筋肉のようにほぐれないためシワになって残ってしまいます。そこで改善方法のやり方を見ていきましょう。

90秒で肩こり予防や改善方法

肩こり危険度チェック。

  • いつも同じところにコリを感じてしまう
  • こった部分を押すと、痛みが他の場所にも響く
  • 無意識に首や肩を揉んでしまう癖がある
  • コリを解消してもすぐにコリが復活する

※2つ以上該当すると要注意!

やり方1

  1. 椅子に座り手と頭を前に突き出し、肩甲骨を開くようにして20秒~90秒キープ
  2. 上半身を持ち上げ、手を肩幅に開く
  3. 手をそのまま上に上げ、ヒジを曲げて20秒~90秒キープ

やり方2

  1. 右手を斜め後方に伸ばす
  2. 指先が床にもぐり込む感じで、少し顎を引いて首を左に倒す
  3. 左手で右肩を押さえ、左耳を前に出すように首を回す。この状態で20秒~90秒キープ
  4. 首を傾けたまま鼻を左肩に近づけて20秒~90秒キープ。反対も同じように行う

やり方3

  1. 右手を頭の後ろに回して左手は背中の後ろで両肘を90°に曲げる
  2. 両肘を反時計回り方向に回して20秒~90秒キープ
  3. 右足を前にクロスさせて身体を左に倒し20秒~90秒キープ。反対も同じように行う

やり方4

  1. 右手の平を自分側へ、左手の平を後ろに向けて右足を一歩前へ出す
  2. 右手は上に左手は下に伸ばして身体を軽く左へひねったまま20秒~90秒キープし、反対も同じように行う

※各合計90秒ずつ。1日3回行うと効果的。

ストレッチにより肩甲骨が開くため、肩の筋肉と筋膜を刺激することができます。ストレッチの後に常温の水を2杯ぐらい飲むと、体内に溜まっている老廃物を排出する効果が高まるためダイエット効果もあがります。

まとめ 筋膜を知りストレッチをする

筋肉だけを考えてマッサージやストレッチをしても肩こりは治りません。筋膜のシワを取ることが重要です。

【関連】肩こりを解消すると小顔に見える!ストレッチのやり方

「PR」

肩こり、首こり、猫背に。まったく新しい【ストレートネック枕】

スポンサード リンク
何か聞こえる…、怖~い怖~い恐怖の動物園…

【関連】【動物園アニメーション】

-健康

© 2020 ナレッジ!雑学