金融辞典

為替相場制度の「変動相場制と固定相場制」に分けられる種類とは

為替相場制には、どのような種類があるのでしょうか?

為替相場制は大きく二つにわけることができます。

為替相場制の種類とは

為替相場制は、「変動相場制」と「固定相場制」に分類をすることができます。

変動相場制とは、主に主要先進国で採用されている制度になり、外国為替市場で取引をされている通貨の需要と供給のバランスで、為替レートが決められています。

一方の固定相場制は、主に新興市場諸国で採用されている制度になります。変動幅の中で為替相場を固定または為替相場を固定していることを指します。

変動相場制と固定相場制に大きく分けられる為替相場制の種類は次にあげられますが、これらの固定相場制では、「ドル」が重要な役割を果たしています。

バンド制

固定相場制には外国為替相場を一定範囲に固定する

クローリング・ペッグ制

為替相場の変更を事前にアナウンスすることで一定割合ずつ変化をさせ、固定相場を維持する

ドル・ペック制

アメリカ・ドルとの為替レートを固定する

カレンシーボード制

自国の金融政策を制限する事で、外国為替相場を固定する

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

スポンサード リンク

まとめ 重要な位置にあるドル

為替にはいろんな種類があり、動いている相場と動かない相場があります。

スポンサード リンク

-金融辞典

© 2020 ナレッジ!雑学