健康

エクオールとは?女性のための効果と副作用はある?

歳と共に減っていくばかりの女性ホルモン…。女性ホルモンは「美」に直結する大事な物質のためできるだけ多く残しておきたいもの。

でも、同様の働きをしてくれる物質が発見されました。「エクオール」という物質です。女性は年齢を重ねるごとに女性ホルモンが減少するのですが、「エクオール」を得られれば、加齢で動脈硬化が進んだ血管も若返ることができます。

脳梗塞や心筋梗塞といった病の予防も期待でき、肌のシワも消えて癌の予防にも効果的だとされています。

エクオールとは?

女性の身体や心に大きな影響を与える女性ホルモンの中で、エストロゲン(卵胞ホルモン)があげられます。このエストロゲンと同じような働きを持つ成分として大注目をされている成分がエクオール。

大豆イソフラボンが腸内細菌の力で作られるため「スーパーイソフラボン」とも呼ばれています。エクオールは女性ホルモンと似た働きをするため、頭痛、めまい、動悸、息切れ、イライラ、気分の落ち込み、ホットフラッシュ、汗、肩こりなどの症状が起こる更年期障害を緩和したり、シワ予防効果、骨粗鬆症予防効果、メタボ・生活習慣病改善効果などがあります。

更年期の女性を対象にした尿中のイソフラボン類の排泄量と更年期障害についての調査があるのですが、更年期症状の重い人はエクオール排泄量が少なくて、エクオールが足りていないということが分かっています。

肌の新陳代謝であるターンオーバーを活性化して、肌の生まれ変わりを促進するのがエストロゲンの効果であり、このエストロゲンと同様の効果があるのがエクオール。

エクオールを意識的に摂取することで肌の生まれ変わるターンオーバーを正常化させて肌を若々しく保つことができます。

女性ホルモンの乱れを食い止めるエクオール効果

更年期や出産後は、特に女性ホルモンの分泌が乱れます。女性ホルモンが減少すると、自律神経が乱れるため、全身の倦怠感や気分の落ち込みなどが起こりやすい。

基礎代謝量が減るので太りやすくなるともいわれています。女性ホルモンが少なくなるとダイエットにも痛手。

女性ホルモンはセロトニンの分泌を促す働きもあるのですが、乱れからセロトニン分泌が減るとイライラしたり、過食もしやすくなって太りやすくなる。エクオールは女性ホルモンと似た効果があるため、肥満、メタボ予防、生活習慣病改善に期待ができます。

骨粗鬆症を食い止めるエクオールの効果

女性ホルモンであるエストロゲンの減少で、更年期以降の女性に多く発症している病気が骨粗鬆症。エストロゲンは骨の密度と密接にかかわっているのですが、骨の新陳代謝に大きく影響します。

更年期以降の多くの女性は閉経するまでにエストロゲンが減少して、閉経後はほとんどエストロゲンが分泌されなくなるため、骨を作るスピードが遅くなり骨が弱くもろくなってしまいます。

将来寝たきりになるリスクも増える…。

でも、エストロゲンと同様の働きのあるエクオールを摂取することで、骨密度がエクオールを摂取しなかった人に比べて骨密度減少率が1/2になったという結果があり、寝たきりのリスクを下げることに期待ができます。

エクオールの副作用

自然由来の食品に分類されるエクオールは、1日の容量を守っていれば副作用はありません。エクオールが含まれるサプリは1日に10㎎とされているのですが、守れば副作用はない。

エクオールは栄養補助食品で、エクオールという成分は大豆製品などに含まれているイソフラボン。人の腸内に存在している腸内細菌によって変換されて出来る物質です。エクオールは人の体の中で作り出す成分なので安心して摂取することができます。

副作用が出るとしたら過剰摂取した場合が考えらます。

稀に1日10㎎以上を摂取すると胃痛、便秘、下痢などが起こる可能性も。でも、これは他のサプリメントや薬でも同じこと。過剰摂取をしたら身体によくありません。

エクオールの子宮筋腫(癌)予防

エクオールは30代くらいから見つかることが多い良性の腫瘍「子宮筋腫」を和らげる作用があります。子宮筋腫には、粘膜下筋腫・しょう膜下筋腫・筋層内筋腫があるのですが、どの子宮筋腫でもエクオールを飲んでも問題ないとされています。

子宮筋腫は特に症状もなく、経過観察などをしていくのが普通。子宮筋腫は更年期になると小さくなることがあるため、特に心配することもない腫瘍に分類をされています。

その理由は、子宮筋腫は女性ホルモンの分泌が多いと大きくなり、分泌が少なくなると小さくなる性質があるため。エクオールで子宮筋腫を小さくする効果があります。ただ、子宮筋腫で婦人科にかかられている人は、エクオールを飲む場合に必ずお医者さんに相談することが望ましいです。

お医者さんが処方した薬だけの効果を見ようとしているのに、エクオールを飲むと状態が変わってしまう可能性があります。薬の正しい判断がでなくなる可能性があるため事前に伝えておきましょう。

エクオールはスーパーフード

エクオールは、TBSの「世界ふしぎ発見」やNHKの「腸内フローラ」、朝日の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」などでも取り上げられるほど、注目されている物質。

ただ、問題があります。

日本人の2人に1人は、イソフラボンからエクオールを作るために必要な腸内細菌を持っていないともいわれていること。

豆腐や通販やお店で販売しているイソフラボンを主成分としたサプリメントもあるのですが、腸内細菌がなければエクオールを作ることができません。

そこで、体内に直接エクオールが生成できるサプリメントがあります。メリットはエクオール生成菌が活動していない人でもエクオールを摂ることができること。どちらにしてもまずは検査をするとわかります。エクオール検査キットがあるので試してみるといいでしょう。

エクオール検査

郵送検査になり、エクオール検査キットを購入し、自宅で採尿した後にポスト投函。2週間ほどで検査結果が出ます。

まとめ エクオールは肥満予防になる

エクオールは自律神経の働きの低下による出産期、更年期の肥満予防になります。エクオールは大豆からできる自然由来の食品。安心して摂取が可能です。

【関連】女性が薄毛になる原因はなに?女性ホルモンを整える対策!

スポンサード リンク
何か聞こえる…、怖~い怖~い恐怖の動物園…

【関連】【動物園アニメーション】

-健康

© 2020 ナレッジ!雑学