金融辞典

貨幣価値をデジタルデータ化した「電子マネー」の種類と特徴

電子マネーとは、どのような意味があるのでしょうか?

電子マネーは、貨幣価値をデジタルデータ化したものになります。

電子マネーとは

電子マネーは、貨幣価値をデジタルデータで表したものになります。電子的なデータのやりとりにより決算を行うサービスを「電子通貨」や「電子貨幣」と呼ばれることもあります。

電子マネーは紙幣や貨幣と同等の役割を持ち、電子マネーの種類と機能は次にあげることができます。

Suica(スイカ)とは

Suica(スイカ)は、JR東日本の定期券及びプリペイドカードになります。鉄道・バス・ショッピングなどで利用可能になるICカード(Super Urban Intelligent CArd)です。

PASMO(パスモ)とは

PASMO(パスモ)は、私鉄や地下鉄の磁気カードになります。

定期券の機能も付けられ、駅の券売機などで入金し、改札機やバス車載機に軽く触れると運賃が精算される仕組みです。その手軽さと利便性から利用者が急増しています。

iD(アイディ)とは

iD(アイディ)は、DoCoMo(ドコモ)が始めた電子マネーサービスになります。iDに対応したおサイフケータイやクレジットカードをかざすだけで支払いが可能です。

小銭やお札等を準備する手間がいらず、iD(アイディ)に対応しているショップなら財布を持ち運ぶ必要もないため手軽なショッピングが可能になり人気を集めています。

Visa Touch(ビサタッチ)とは

Visa Touch(ビサタッチ)は、Visa Worldwide が提供する非接触決済サービスです。Visa Touch加盟店ならば、事前のチャージやお支払時のサインは不要で専用の読取器にかざすだけでお支払いが可能です。

WAON(ワオン)とは

WAON(ワオン)は、イオン、マックスバリュ、ビブレ、スーパーセンターなど、イオン系列の加盟店で利用できる電子マネーになり、入金(チャージ)することで使用が可能です。お得なキャンペーンなどもあり、主婦層にも人気。

スポンサード リンク

電子マネーの分類

このように電車精算料金所などで並ぶ必要もなくスムーズに改札口を通れる他、百貨店ではレジに並ぶ時間も、お金を取り出すこともないため、便利なことから電子マネーは高速鉄道や大手百貨店など多種多様な業界で使用されています。

電子マネーは大きく次の2つに分けることができます。

電子マネーは、電子マネー相互に互換性がないため、それぞれの電子マネーの支払いに対応した店舗やウェブサイトなどでしか使えない制限があるため、便利な反面、よく考えて使う必要があります。

ポストペイ式とは

ポストペイ式は、料金を後払いするタイプの電子マネーです。現金をカードにチャージする必要はありませんが、後日まとめて請求をされるため使い過ぎには気をつけなければいけません。

プリペイド式とは

プリペイド式は、現金を電子マネーに前もってチャージをするタイプです。買い物をした分だけ金額がカードから無くなります。このため残高を把握しておく必要があり、購入をする物に合わせてチャージをする必要も出てきます。

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

まとめ 便利な反面、電子マネーの特徴を把握しておく必要がある

電子マネーは便利。お金と変わりません。しかし、使いすぎには注意が必要です。

スポンサード リンク

-金融辞典

© 2020 ナレッジ!雑学