永観堂の紅葉 見ごろとライトアップの時間・日程はいつ?

9月~12月
スポンサーリンク

京都の紅葉を楽しむ場所として有名な永観堂は、『もみじの永観堂』とも呼ばれています。

この場所は昔、永観律師という人がいたことから永観堂と言われています。

[st-kaiwa2]永観堂の紅葉が綺麗って話題パラ。[/st-kaiwa2]

永観堂、紅葉の見どころ時期

永観堂は紅葉の時期に合わせてライトアップされます。幻想的な紅葉を楽しむことができます。

永観堂では、振り返っている姿から「みかえり阿弥陀」として有名な、本尊の阿弥陀如来立像など、多くの寺宝を所蔵しており、ライトアップ期間中には寺宝展も公開されます。

紅葉のベストシーズンは自然が相手なので難しいところがありますが、例年を参考にだいたいの予想はつきます。念のため、最新情報で確認しておくと安心です。

それでは、永観堂を赤くそめる紅葉の時期を見ていきましょう。

永観堂 紅葉の見頃

  • 見頃時期:11月中旬~11月下旬
  • 阿弥陀堂へ向かう石段のもみじのトンネルや放生池周辺が人気です。
  • 寺宝開放:2019年11月6日~ 2019年12月4日
    秋の寺宝展が開催されます。
  • アクセス
    永観堂へのアクセス
    JR京都駅から市バス
    ~5系統で「南禅寺永観堂道」下車、徒歩3分
    ~100系統で「東天王町」下車、徒歩8分
    ~地下鉄東西線「蹴上」から徒歩15分
  • 住所:京都府京都市左京区永観堂町48
  • 時間:9時~16時(17時閉門)
  • 拝観料:1000円(大人)600円(小学生~高校生)

永観堂の紅葉ライトアップ

  • 期間:2019年11月6日~ 2019年12月4日
  • 時間:17時30分~20時30分(最終受付け)(21時閉門)
  • 拝観料:600円(中学生以上(小学生以下無料)
    夜間の特別拝観は阿弥陀堂、画仙堂と庭園のみ。
  • 通常拝観 ~秋季特別拝観の以外の期間~
    大人1000円 高校生・中学生・小学生400円
  • 駐車場
    紅葉期間は駐車場を利用できません。岡崎公園の有料駐車場を推奨します。
    収容台数:普通車506台
    駐車料金:最初の1時間まで500円、30分毎に200円 / 1泊700円(22:30~7:30)、最大1,300円(1泊分は別) ~営業時間:7:30~22:30

水面に赤と黄色の紅葉が映り込む放生池は見逃せません!池との紅葉のコラボは最高です。

昼の拝観とライトアップで入れ替えが行われます。夜間の開門時間となる17:30分には、受付を待つ長蛇の列がすでにできます。混雑を避けるため少なくても30分前にはついておきたいところ。

紅葉をゆっくり見るいい方法はないのでしょうか?

例年紅葉シーズンになると京都市内の観光名所はどこもかしこも大混雑します。ゆっくり紅葉観賞を楽しみたい場合は、休日を避けて平日に行くようにしたらいいです。

そして、受付時間30分前には到着しておきましょう。永観堂の紅葉ライトアップは、東京ディズニーリゾートやUSJと同規模の混雑になると覚悟しておくと心の準備ができます。

昼間は開門後すぐの9:00~10:00ごろ、夜は閉門直前の20:00~21:00ごろ、そして平日、この時間帯は混雑が少なそうです。

「PR」国内線の比較・購入サイトの決定版【格安航空券モール】

まとめ 大混雑の中に素晴らしい景色あり

紅葉巡りは散策して1時間程度。ただし、混み具合で進み方がまったく違うため目安程度に考えておきましょう。

[st-kaiwa1]大混雑も計算に入れて家を出るパラ。[/st-kaiwa1]

【関連】鎌倉の紅葉時期はいつ?見頃とスポットの場所

タイトルとURLをコピーしました