健康

認知症のリスクを5分の1に下げる3つの習慣

年々増加する認知症患者。高齢化社会の日本にとって大問題になっています。自分はもちろんのこと、周りまで巻き込んでしまうこの病気をできるだけ抑えたいもの。

そんな中、あることを行うとそのリスクを5分の1まで下げることが可能だという方法が話題になっています。将来、認知症の発症率を5分の1に抑える方法とは?

認知症のリスクを下げる対策方法

認知症は自分だけではなく、周囲の人も巻き込む大変な病気です。将来のボケリスクを下げるために、普段から対策をしておくことが大切になります。

同じところをぐるぐる回ってしまう。気が付くと知らない土地にいた。同じ商品を何度も買ってしまう。日に日に悪化をする認知症は恐怖以外のなにものでもありません。そんな恐ろしい認知症の発症率を5分の1に抑える方法を見ていきましょう。

歩く+運動

足には筋肉と血管が詰まっていて、「第二の心臓」と呼ばれています。歩くことで筋肉が収縮拡張しながら血流量が増えます。この増加が脳にいい効果を与えます。

特にふくらはぎはポンプの役割をしているため刺激を与えることで老廃物なども上半身へ押し上げてくれます。1日の歩数が6000歩以下の人と1万歩以上の人は8年後、脳の萎縮割合が3割異なるという研究もあります。

実は歩くスピードも重要。

認知機能の低下と歩行機能の低下は密接に関係しているといわれています。歩幅を広げて自分の通常の速度よりも早く歩くように心がけるといいでしょう。歩幅が狭いと認知機能のリスクが3.4倍も高くなることが研究により判明しているのです。

そして、週に5時間以上の運動をしている人は、認知症になる割合が何もしていない人に比べて5分の1ほどになるという結果があります。

1週間で5時間の運動だと考えると日常の負担もそこまで大きくないのでは?

忙しくて運動ができない人は2駅前で降りて歩いたり、階段をつかうようにするといいでしょう。身体をうごかして血液を脳に運ぶことが重要です。

ぐっすり寝る

高齢になると、夜中に目が覚めてしまうなど眠りが浅くなりがち。パッと目が覚めるとまだ深夜3時!?よくあるパターンです。

1日15分~30分の昼寝をしている人は、していない人に比べてアルツハイマー型認知症の発症リスクが5分の1に低下するという研究結果があります。

短時間の昼寝は精神的、肉体的ストレスを和らげる効果があるため、神経の興奮を抑える効果があります。

ただし注意することも。昼寝は30分までにすること。1時間以上の昼寝を行った人は認知症の傾向が確認されました。昼寝の習慣を持たない高齢者と比較した場合、1時間以上の昼寝を習慣的に取っている高齢者では、死亡の危険率は3倍、2時間以上の昼寝を取っている場合では14倍に上るという研究結果があります。

寝過ぎることが身体に悪影響を与えてしまうようです。趣味を「寝ること」にしている人は多くいます。寝る瞬間と起きる瞬間は気持ちがよく、いい夢もみれます。でも、悪夢にならないように気を付ける必要あり。

魚を食べる

魚にはDHAが豊富に含まれており、毎日、魚を食べる人は認知症の発症率が5分の1になると言われています。

スポンサード リンク

まとめ 認知症リスクは日頃の行動で下がる

認知症のリスクを下げる習慣は、魚・寝る・運動が大切。限られた寿命の中で病気のリスクを抑えることが重要です。細胞を活発にすることが長生き・認知能力を高めるポイント!

【関連】物忘れと認知症の違いとは?

「PR」すっぽん小町
(1600万袋突破のぷるっぷるコラーゲンサプリ)

スポンサード リンク

-健康

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2020 All Rights Reserved.