ダイソーのエアストーンとGEXぶくぶくカーテンの比較

ダイソーのエアストーンとGEXぶくぶくカーテンの違いは?「4コマ漫画」
スポンサーリンク

ダイソーで販売されているエアストーンロングタイプとGEXぶくぶくカーテンの比較になります。どちらの使い勝手が良いのでしょうか?


ダイソーにエアストーンがあったパラ。

スポンサーリンク

ダイソーとGEXのぶくぶくカーテン比較

エアーを使って泡を簡易的カーテンに見せることができます。ダイソー以外に有名なぶくぶくカーテンがGEX。比較してみましょう。

ダイソーで販売されているストーンとGEXのぶくぶくカーテンを比較してみます。

100円のぶくぶくカーテン精度

100円ショップのダイソーには多くのアクアリウム商品が置いていますが、最近になりエアーストーンやろ過機能付きの投げ込み式など多彩な品揃えになっています。

100円で製造出来たエアーカーテンは、機能的にどのような感じなのでしょうか?

左がダイソーのエアーストーンロングタイプ(エアーぶくぶくカーテン)100円(税抜き)、右がGEX(ジャックス)ぶくぶくカーテンです。価格は量販店900円ほど。

ダイソーのエアーストーンは、チューブから吹き出す泡が大きいです。そして、均一ではなくまばらに泡が吹き出す感じです。エアーチューブを本体に繋ぐ部分が直線状なので注意が必要です。

GEXは、泡が小さく均一に吹き出す。

エアーチューブを本体に繋ぐ部分がL字状なのでそのままチューブを水槽の上に向けることができるため、水槽の角に合わせやすいメリットがあります。

見た目はGEXの方が均一で泡が小さいため、綺麗なカーテンに見えます。ダイソーの方は、チューブですが、カーテンではなくあくまでもストーンとして扱っているようです。

GEXのぶくぶくカーテンにもデメリットがあります。音が大きく、ジュ~というような音が漏れる感じ?です。

一方のダイソーの方も音はするものの、GEXよりはだいぶ小さく不快には感じませんでした。

GEXは水槽をゴージャスにして動きを出せるよい製品ですが、私的で使い続けられそうな方は、ダイソーのエアーブクブクでした。

100円均一のアクア・熱帯魚コーナーが充実しています。100円の中で利益を得る必要があるため、コスト的に削らなければいけない部分がどうしても出てしまう100円の商品。大手メーカー品には質として届きませんが、必要最低限の機能はあります。

まとめ 綺麗に見えるのはGEX、音的にはダイソー

アクアリウムをはじめてみたい人は低予算から揃えて、慣れてきたらステップアップしてみるのもよいと思います。


いぶきエアストーン セラミックエアストーン 23φ×350(楽天)
いぶきセラミックストーンは均一で微細な泡が特徴です。また、高温で焼結しているため丈夫で型崩れしません。ストーン部サイズ:直径約23mm×長さ約350mm。


Hygger エアーストーン(楽天)
鑑賞用のアクアリウムにおいては、エアーストーンで気泡を出すことで、非常に綺麗な見た目に仕上がります。エアーストーンを用いることで気泡のカーテンを演出できます。更には照明と組み合わせることで、幻想的な雰囲気を醸し出すこともできます。

【関連】アクアリウムとは?セラピーの効果でストレスと病気が治る

タイトルとURLをコピーしました