健康

コーヒーが癌予防に効く!効果的な飲み方

癌はとても怖い病気です。ただ、現代医療の発展は凄まじく、発見が速い場合だとガンは必ずしも怖がるものではなくなりました。

っとはいえ、日本人の死因第一は癌。2人に1人は癌にかかり、3人に1人が死亡する時代だと言われています。そこで少しでもリスクを下げるために、癌リスクは日頃の生活から減少させておきたいもの。

実は、がん予防に効果的な飲み物があります。それは「コーヒー」。

がん予防にコーヒーを飲むと効果的

昨年、国立がん研究センターが発表した癌予防に最も効果がある飲み物は「コーヒー」。コーヒーに含まれるクロロゲン酸などの抗酸化作用でがんの発生を抑制することがわかりました。

どのくらいの量を飲むと癌を防ぐ予防につながるのでしょうか?

実は、飲む量で癌を抑制する効果が異なります。

コーヒーを毎日2杯以上飲むとがん予防の効果的!

  • 乳がん
  • 子宮がん
  • 大腸がん

コーヒーを毎日3杯以上飲むがん予防効果

  • 口腔がん
  • 咽頭がん
  • 肝臓がん

どのようなコーヒーでも効果はあるの?

缶コーヒーでもインスタントなどでも問題はありません。そのため手軽に飲むことができます。コーヒーを飲むことで、癌の原因の1つとされる活性酸素の働きを抑える効果があり、抗酸化作用効果でガンを封じ込めていきます。

また、コーヒーにはがん予防の他にもさまざまな効果があります。

コーヒーで期待できる予防効果

  • 肌のシミ対策
  • 肝硬変
  • 糖尿病
  • 心臓や脳の血管炎症の抑制

研究チームは、毎日コーヒーを4~5杯飲むと、心臓や脳の病気で亡くなるリスクが2割も減ると断言しています。

ただ、胃が弱い人は飲み過ぎに注意が必要です。また、缶コーヒーなどの糖分を多く含むコーヒーは気をつけたほうがいいかもしれません。

コーヒーが苦手な場合、胃がんに関してはピロリ菌と塩分の摂り過ぎが原因だと言われているため、コンビニなどで簡単に手に入る「野菜ジュース」を飲むといいでしょう。

野菜ジュースにはカリウムが豊富に含まれており、腎臓から塩分を排出してくれる効果があります。この他に「青汁」でも同様の効果を得ることができます。

がん予防に期待できる食べ物

コーヒーは飲み物ですが、食べ物にも癌を抑制する効果のある食材があります。

がん予防に効果的な食べ物は、「にんにく」、「ブロッコリーの新芽」、「えのき茸」、「ブナシメジ」。これらには「βグルカン」というものが含まれており、免疫力を高める作用があります。

有効な成分を摂取するために、湯がくよりも、焼いたり炒めたりして食べるといいでしょう。

癌になりにくい人はどんな人?

小太りやぽっちゃり系がガンになりにくい傾向があると言われています。

痩せている人よりもぽっちゃり系体型の人の方が免疫力が高く、ガンになりにくいというデータが多くあるためです。

BMI(肥満指数)がおよそ25位がちょうどいいと言われています。

BMI(肥満指数)25の目安(男女共通)

  • 155cm… 60kg
  • 160cm… 64kg
  • 165cm… 68kg
  • 170cm… 73kg
  • 175cm… 77kg
  • 180cm… 81kg

太りすぎても痩せすぎてもダメ。

人間ドックで受けた方いい癌検査はどのようなもの?

それは、「腹部超音波エコー、胸部CT、大腸内視鏡」がおすすめです。がん細胞になる前のポリープの内に取れば治ります。

検査の期間は1年に1回で、40歳以上の人は1年に2回ぐらいしておくと安心。そして、乳がん検診では、マンモグラフィー以外にも超音波エコー検査もします。マンモグラフィーだけだとどうしても見落としてしまうことがあるため。

まとめ 早期発見とコーヒーでリスクを抑える

ガンは早期発見が重要です。癌のリスクをコーヒーと効果のある食べ物でリスクを下げることができます。

【関連】みそ汁は癌を予防する効果がある!効果的な飲み方とは

スポンサード リンク



-健康

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2019 All Rights Reserved.