雑学を活かす

チーズの正しい食べ方で虫歯を予防する効果がある!

2019年1月19日

チーズを食べると虫歯になりにくいと言います。食べのもを食べて虫歯を予防?いったいどういうことなのでしょうか?誰もが驚く理由とは?

もやパンダ
チーズケーキ美味しいパラ~♪ふんわり口の中でとろけるパラ~♪ふんわりランドの宝石箱パラ~♪

虫歯の原因とpH指数

ハードチーズが虫歯菌を抑制することが判明しました。チーズケーキでは無理ですが、チーズで虫歯を予防することができます。

チーズは食べ物ですが、虫歯を予防するちからがあります。虫歯の原因は、主に口内の酸により発生します。

食事をすると口内のpH指数が酸性に傾きますが、口内が酸性になると歯の表面をコーティングしているエナメル質が溶け出し、歯は外からの刺激を受けやすくなってしまいます。

酸性は、唾液のアルカリ性により徐々に中和されていきますが、虫歯を食い止めるにはこのアルカリ性による中和がとても重要になります。

では、どのくらいで虫歯にならない中性の歯に戻るのでしょうか?通常は、pH指数が中性まで戻るのに30分〜40分程度かかると言われています。

PHとは

pHとは水素イオン濃度のことです。酸性やアルカリ性にどれだけ傾いているかを表す指数になります。

0~14までの段階がありますが、pH7が中性を指し、それよりpH値が低ければ酸性に。そして高ければアルカリ性に傾きます。

つまり、0に近いほど強酸性で、14に近いほど強アルカリ性ということになります。

健康な人の口腔内のpHはおよそ6.5~7とされ、弱い酸性から中性の間の状態ですが、pH5.5より酸性に傾くと虫歯ができやすくなると言われています。

ハードチーズで虫歯予防の理由と効果

そこでハードチーズの出番!

チーズは、唾液の分泌を促す働きがありますが、チーズに豊富に含まれるリン酸カルシウムが歯の表面に保護膜を作り、歯のエナメル質が溶け出すのを防いでくれる効果があります。

唾液の分泌が多くなるので有名なガムですが、「チーズ」にも同じ効果があるのです。WHOでは、虫歯を減らす物としてシュガーレスガムと同じくハードチーズをあげています。

WHOの有効虫歯対策

  • フッ化物
  • ハードチーズ
  • シュガーレスガム
  • キシリトール
  • ミルク
  • 食物繊維

など

チーズで虫歯予防の食べ方

虫歯が予防できる効果的な食べ方はあるのでしょうか?普通に食べる?歯ブラシするように歯に塗る?

固いチーズを食後に2~3口よく噛んで食べるようにしましょう。

食事中にチーズを食べても一緒に食べている他の食品が口の中を酸性にするため、チーズは必ず食後に食べるようにします。

「PR」広島大学の研究から生まれたL8020乳酸菌を使った新しいマウスウォッシュ【ラクレッシュ】
(乳酸菌で口腔ケア!)

まとめ ガムと同じ効果のあるチーズで虫歯予防

歯磨きをしなくてよいということにはなりません。チーズにはたんぱく質や乳脂肪が豊富に含まれているので、これらが歯の周りに貼り付いた状況が長時間続くことは衛生上好ましくありません。

歯を磨かないとチーズ以外の食べ物の食べカスが口の中に残ることになります。歯垢(プラーク)になるので歯周病の原因にもつながります。

もやパンダ
ハードチーズを食べた10分~30分後に歯ブラシをすると効果的パラー!!

【関連】チーズに虫歯予防の効果がある

スポンサード リンク



-雑学を活かす

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2019 All Rights Reserved.