健康

白内障の原因はなに?症状と予防する方法とは

目は人間社会において非常に重要な器官になります。でも、目は老化をします。

年を重ねて高齢者になると、目の奥が白くなりますが、視界がぼやけてしまうため外を歩くときは特に危険です。

誰にでも起こる白内障という病気ですが、白内障になる原因と症状はどこにあるのでしょうか?

白内障の原因と症状・対策とは?

目は現代の生活環境でとても重要な器官になるため大切にしなければいけません。

でも、目は老化をしてしまうので、できるだけ老化を遅らせる対策をすることが大切です。どのようにしたらいいのかやり方の方法を見ていきましょう。

身体の臓器は体の中で守られています。でも目は別!

「目はむき出しの臓器」とも呼ばれており、むき出し状態です。これは光を取り入れて映像を見るため。進化をする過程で目の渇きや埃などの小さなゴミから保護するために瞼を手に入れましたが、瞼を閉じると目の前が真っ暗になるので瞼を閉じた状態のままでは入れず、どうしても目はむき出しでなければいけなかったのです。

このむき出しの目で紫外線を浴びてしまうと、白内障になる危険性が増えてしまいます。

特に夏は注意が必要です。目の中にある水晶体は紫外線を99%吸収してくれるのですが、その紫外線を吸収するが故に白内障を引き起こしてしまうのです。

水晶体は正常な状態だと透明。でも、紫外線などの光エネルギーでダメージを受けてしまい、それが蓄積されて白く濁ります。

白内障は50代の約5割、60代の約7割、70代以上では9割以上がかかる病気とも言われているので特別な病気ではありません。

目の白内障を防ぐ対策の方法

目の老化を防ぐポイントはルテインという成分が鍵を握ります。

ルテインにより水晶体の夏の紫外線ダメージを減らし、白内障のリスクを下げることに期待ができるためです。

ルテインはほうれん草に豊富に含まれていますが、ほうれん草の「ナムル」という調理法により料理を作ることで、効率よくルテインを摂取することが可能になります。

ルテインは脂溶性で、脂に溶けやすい性質があります。そのため油を使った料理の方が吸収しやすいです。ナムル以外にも、ほうれん草のバター炒めもおすすめです。

まとめ ほうれん草を食べて白内障を予防する

紫外線が目の中へ入っていき、そのダメージが積み重なることで目の中が白くなっていきます。紫外線が特に強くなる夏の期間は特に注意が必要です。

白内障の症状を少しでも遅らせるために、ほうれん草を摂取するといいでしょう。ほうれん草はバターコーンで炒めると美味しくなります。将来のために目の白内障はルテインで防ぐことができます。

【関連】白髪を抜くと増えるは本当?はげるデメリットと抜く方法

「㏚」

「みる」「読む」を楽しむ。大正ブルーベリー
(ルテイン配合)

スポンサード リンク

-健康

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2019 All Rights Reserved.