犬と猫の肉球の違いと特徴

犬と猫の肉球は何が違うの?「4コマ漫画」面白い雑学
スポンサーリンク

猫と犬、多くの人が共にして暮らしている家族の一因。人間が狩りをするために犬と共存の道を選び生活をはじめ、そしてペットとして猫が身近な存在になりました。

犬の祖先は寒冷地帯に暮らす『ハイイロオオカミ』、猫の祖先は砂漠地帯に暮らす『リビアヤマネコ』って知っていましたか?

寒冷地帯と砂漠地帯、この両極端の環境が犬と猫の故郷です。それぞれの肉球に驚くべき違いを生み出していました。

まず肉球とは何かを紐解いていきましょう。人間は靴を使い外出をしますが、犬と猫は裸足で出歩るいています。

犬猫の足裏をよく見ると「ぷにゅぷにゅ」とした、一見脂肪の塊のようなものがありますが、これが肉球です。肉球は体重を支えるクッションの役割をしていて、人間の靴の替りになっているのです。

[st-kaiwa4]猫と犬は人気のあるペットパラ。どっちも肉球がついているパラ。違いはあるパラ?[/st-kaiwa4]

猫の肉球と犬の肉球の特徴とは「違い」

肉球の仕組みは、肉球の外側から『表皮→真皮→皮下組織』になっていて、一番外側の表皮は角質層が厚く重なり合う結胝組織で構成されています。

ここでは触覚をはじめ、圧覚・温度感覚・痛覚を感じることができます。

肉球の構造

  • 表皮
    → 主に角質細胞から成る
  • 真皮
    → 主にコラーゲンから成る
  • 皮下組織
    → 主に脂肪組織から成る

肉球にも汗が出る

肉球から汗が出るのをご存知でしたか?猫は犬に比べ汗線機能が優れています。そのため猫の肉球はしっとりしています。

その汗のお陰で獲物に気付かれず「ヒタヒタ」と近づくことが可能になります。

対する犬はその汗の量が少ないがために足音がしてしまうので集団で狩りをする方が向いています。

猫と犬の肉球の違いとは

雪やこんこ歌で、「犬は喜び 庭かけまわり 猫はこたつで丸くなる」の一文が童謡であります。

犬の肉球は雪の降る中で駆けまわっても冷たくないのでしょうか?裸足で冷たい雪の上にいるのになぜしもやけにならないのでしょうか?

その理由は、犬の肉球が表皮乳頭と動静脈吻合で構成されているため。表皮乳頭は肉球の表面にあるデコボコした起伏で、動静脈吻合は動脈と静脈を結び付けるものになります。

つまり、表皮乳頭があるお陰でデコボコした足裏が実現!地面に接する部分が少なくてすむと同時に、動静脈吻合によって足元へ血流を流すことができて暖かい!

この二つの特徴により、犬の肉球は地面が冷たくても静脈血を冷やすことなく活動が可能になります。

そして、毛で覆われている部分の表皮の厚さは薄くて0.02~0.04mm。肉球の表皮の厚さは、猫で1mm前後もあり、実はこの表皮の厚さは犬の方が猫よりも厚くなっています。対して猫の肉球はこの表皮乳頭の幅が小さい。

要するに、猫の肉球は地面に触れる部分が多く、地面に設置する部分が多いために冷たさを犬よりも敏感に感じてしまう構造です。

「PR」カリカリマシーンSP
(会社や旅先から猫犬にスマホでごはん!見れる話せるスマホ遠隔ペット給餌器)

まとめ 猫の肉球は敏感、犬の肉球は寒さに強い

犬はその肉球の特徴から手を使うことは少なく、主に口を使いながらおもちゃなどで遊びますが、猫の肉球はその特徴から手を起用に使いおもちゃで遊ぶことができます。

犬と猫、寒い地域と暑い地域に誕生した動物が作り出す奇跡の構造に違いがあります。

[st-kaiwa1]肉球は人間の指先と同じように触覚、圧覚・温度感覚、痛覚を感じることができるパラ。犬でも猫でも肉球をちょこっと触ると敏感に反応して嫌がる動作をするパラ。[/st-kaiwa1]

【関連】猫のヒゲと犬のヒゲの違いとは

タイトルとURLをコピーしました