炭酸飲料水でCO2自作添加装置を作る方法とは?

スポンサーリンク

水草が生き生きと育つにはCO2がある方が良い結果を生むことが多いです。

CO2を作るにはボンベ式、発酵式、化学式などがあります。

ところで、二酸化炭素飲料水として有名な炭酸飲料水では可能なのでしょうか?


炭酸飲料水は二酸化炭素を水の中に閉じ込めた商品パラ。二酸化炭素が含まれているパラ。CO2添加に使えないパラ?

スポンサーリンク

炭酸飲料水でCO2強制添加をする

やり方は発酵式よりも簡単!

装置を作り、イースト菌や砂糖の代わりに買ってきた炭酸水をそのままセットするだけでCO2添加装置になります。

炭酸飲料水でCO2自作添加装置を作る方法

必要な材料はペットボトル、エアチューブ、エアストーン、つなぎジョイント、炭酸飲料水だけです。

炭酸水の蓋を開けたらすぐにCO2が吹き出すので注意が必要です。すぐに二酸化炭素の流出がスタートします。炭酸水を開ける前に別の炭酸飲料のキャップで装置を作っておく必要があります。

手間のかからない炭酸水を使用したCO2添加装置ですが、結局コストがかかってしまいます。

それならボンベ式を最初から選んだ方が良い結果になるかもしれません。開けておらず、使う予定もない炭酸水がある場合は試してみてはいかがでしょうか。

まとめ コストが逆に高くなるかも

発酵式よりも圧力が弱めなので水圧のかからないようにエアーストーンは水槽の上付近に配置するとよいです。

1回で100円ぐらいになるため、発酵式よりも少しコストがかかってしまいます。手間はかからないけど…。あまりメリットがないように思えます。


AIネット CO2フルセット スマート CO2添加 フルセット(楽天)

【関連】水草を元気に育てる方法とCO2の必要性とは

タイトルとURLをコピーしました