金融辞典

信用力で支払いを延ばすことができる手形ってなに?【書き方】

金融の手形とは、どのような意味があるのでしょうか?

信用力で支払い先を延ばすことができます。

手形と契約とは

手形には「代金の支払い」と「信用取引」という二つの機能があります。支払う資金がなくても、先の特定日に支払いを約束。手形を振り出す会社等の信用力で支払い先を延ばすことが出来る支払い方法を指します。

手形は「信用の上で成り立つ取引」であり、定めた支払期日には必ず支払う必要があります。

その理由は6か月間以内に2回不渡りが出た場合は、銀行との取引が停止され、銀行取引停止処分になるためです。これは、事実上の倒産になるのですが、銀行も信頼を失ってしまうため誰もが使用をするものではないのが「手形」になります。

スポンサード リンク

手形の作成と受け取り方

銀行から手形用紙を購入し、名前や金額、住所など必要事項を書き銀行届出印鑑を押します。なお、手書きで金額を記載する場合は数字だと分かりずらいため原則漢字を使用します。

手形を受け取るには、手形用紙の裏面に必要項目を記入する部分があるため必要事項を書き、権利を移転することが出来ます。手形は通常支払期日と同時に現金化されます。

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

まとめ 手形は信用力が一番大事な取引

信用がないと手形は利用できません。信用のうえで成り立つ取引になります。

スポンサード リンク

-金融辞典

© 2020 ナレッジ!雑学