健康

日本ベストドクターとは?

風邪や癌など人が侵される病気は数多くあります。限られた寿命の中でその病気にかからないためには、日頃から出来る限りリスクを下げる行動が求められています。

でも気を付けていても病は襲ってくる。その時に救世主となるのが医者の存在です。ただ、重い病気にかかったときほど、医師の技量によって医療ミスのリスクや、入院日数、医療費、生存率に差がでるため、信頼できる医師を選ぶことが重要になります。

ベストドクターとは?ベストドクターズ社の選別

病気になったら「自分にベストなドクター」に見てもらいたい。それとは意味が違う「ベストドクター」と呼ばれている人たちがいることを知っていますか?

ベストドクターズ社は、1991年より医師同士による相互評価・ピアレビュー調査を行っています。日本では1999年から始まった調査です。

この調査は、医師に「自身または家族の治療を、自分以外の誰に委ねるか」という観点から、同じ専門分野の他の医師の評価を「もしあなたやあなたのご家族が、あなたの専門分野の病気にかかった場合、どの医師に治療をお願いしますか?」などのアンケートをすることで選抜しています。

そして、最終的に調査結果から一定以上の評価を得た医師のみが「Best Doctors in Japan」として選出される仕組みです。つまり、医者が見てもらいたい医者のことを「ベストドクター」と呼びます。

現在、ベストドクターズ社の日本版データベースには約6,100名の医師が登録されています。ベストドクター社が独自の選出方法で「優れている」と認めた医師を選び抜いた「Best Doctors」という認定制度。

そのデータベースに入っていない医師も含めた中の0.6%しか存在しない、まさにお医者さんの中のお医者さんなのです。

スポンサード リンク

まとめ ベストドクターはワンランク上のお医者さん

「医師のみによる医師に対する調査」。

医者や医師が病気になった時に頼りたい医師や医者の人たちのことをベストドクターと呼びます。病気になったら誰もがベストドクターに見てもらいたいほどの信頼性の高い医者になります。

スポンサード リンク

-健康

© 2020 ナレッジ!雑学