金融辞典

他の銀行とは違う日本銀行の3つの役割と大きな責任とは

日本銀行の役割とは、どのようなものがあるのでしょうか?

日本銀行の役割を見ていきましょう。他の銀行とは少し役割が違います。

日本銀行の役割とは

日本銀行は別名「中央銀行」と呼ばれています。金融機関は日本に多く存在をしていますが、他の金融機関とは違い日本銀行は特別な銀行になります。

日本銀行は、公的機関ではあるものの政府ではなく、日本銀行法に基づき設立をされた特殊法人の株式会社になります。その役割は大きく次の3つに分類することが出来ます。

発券銀行

硬貨は日本政府が発行し、紙幣は日本銀行から流通します。日本銀行券を発行。

日本銀行 ⇔ 金融機関

預金や為替など、銀行が個人や企業と取引している業務を、銀行との間で行う「銀行間同士の取引」の役割をしています。多くの金融機関が日本銀行に当座預金を開設しています。

金融機関が経営危機に陥ってしまった場合、金融システムの安定化のため必要と判断された場合は、日本銀行は資金供給を行い救済にあたります。

このため金融機関との間で、日本銀行は最後の貸し手になり重要な役割を持ちます。

政府銀行

政府のお金を管理する、または政府を相手とした銀行の役割をし、「政府の預金を預かる銀行」になります。

税金・国民年金の支払い・受け入れなど、 政府が日本銀行に開設をしている口座から行われ、外国為替市場における通貨の売買・市場への介入は、財務大臣が日本銀行に依頼して実行されます。為替の政治介入です。

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

スポンサード リンク

まとめ 日本銀行の大きな責任

日本銀行は日本のお金を大きく動かす力をもっています。同時に大きな責任があります。

スポンサード リンク

-金融辞典

© 2020 ナレッジ!雑学