金融辞典

銀行預金「定期性預金・流動性預金」の種類と用途で選ぶ特徴とは

銀行預金の種類にはどのようなものがあり、その特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?

お金の使い道でいろいろな種類に分かれます。見ていきましょう。

銀行預金の種類と特徴とは

銀行に預けられたお金は「預金」、郵便局・JAなどに預けられたお金は「貯金」と呼び、銀行預金は大きく次の2つに分類することができます。

定期性預金

満期までの一定期間は引き出すことが出来ない預金を指します。

定期預金

一定の預入期間が定めらる預金になり、自由な払い戻しが出来ずに一般的に金利は固定金利が多いです。預金金利は定期預金の期間が長くなるほど高くなる特徴があります。

大口定期預金

1,000万円以上の預金を指し、預入期間は資金に応じ1カ月から最長10年まで様々な選択が可能。まとまった資金を一括して預け、満期まで運用し続けることが前提になります。

スーパー定期預金

満期日まで原則として引出しが出来ないため、流動性が制限されます。普通預金と比べると金利は高い自由金利型預金を指します。

変動金利定期預金

通常6ヶ月毎に変更され、満期までの期間中に金利が上昇すれば固定金利の商品よりも有利に運用することができます。その反面、金利が低下した時には固定金利商品よりも不利になります。

外貨預金(外貨定期預金)

預金金利は原則国の通貨金利に連動し、日本円以外の通過である外貨を預金することを指します。

流動性預金

世の中に出回っており、現金化をしやすい預金を指します。

普通預金

入出金が自由にできる預金となり一般的なタイプ。キャッシュカードを通じATMでの預金払い出し等も可能です。

当座預金

手形や小切手に利用される預金を指し、現金の代わりに小切手や手形で支払いをする際に利用されます。

貯蓄預金

10万円以上などと最低預入が決められ、一般的に普通預金よりも金利は高く定期預金よりも低く設定をしています。

通知預金

一定期間経過後、通知し引き出せる預金を指します。

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

スポンサード リンク

まとめ 使用用途により預金の種類を選ぶ

お金の使い道は人それぞれ。預金の特徴を知ることで便利に使い分けることができます。

スポンサード リンク

-金融辞典

© 2020 ナレッジ!雑学